「ご尽力」という表現の正しい意味や使い方

ビジネスシーンでよく使う「ご尽力」。言い方として「ご尽力」は、何かをお願いする時に使うのは何となく分かっていても、どの様な表現の正しい意味があるのでしょうか?また、「ご尽力」とは、どの様な使い方が出来るのでしょうか?

「ご尽力」という表現の正しい意味や使い方について、みていきましょう。

「ご尽力」という表現の正しい意味とは?

それでは、「ご尽力」という表現の正しい意味をみていきます。「ご尽力」は「助ける」を敬語に変換する際に使われます。ご尽力とは=「何かのために尽くす」わかりやすく言うと「何かのために力を出し尽くす、努力をする」という意味になります。

そして、「ご尽力」とは、それに尊敬語の接頭語の「御(お・ご)」をつけている言葉になります。ご尽力、という時点で丁寧な言い方なのです。

 ビジネスシーンでは、「努力」と言う言葉より、「尽力」と言う言葉の方がふさわしいと言えます。ご尽力は、相手を敬っている言葉にあたるのでビジネスシーンでも失礼にあたりません。

「ご尽力」は、相手に対してと自分に対しての、2通りの使い方がありますが、意味は同じです。「何かのために力を出し尽くす、努力をする」という意味になります。

それでは、次に、「ご尽力」の2通りの使い方について、みていきましょう。

「ご尽力」という表現の正しい使い方とは?

相手に対しては「ご尽力」、自分に対しては「尽力」を使います。具体的な使い方の例文は以下の通りです。

 相手に対して使う「ご尽力」の使い方の例

 相手に対して使う「ご尽力」相手の協力に感謝したい時には、下記のように使います。

 ・ご尽力ありがとうございます。

・ご尽力頂き誠に、ありがとう御座います。

・ご尽力を頂き心から感謝申し上げます。

・ご尽力賜り、感謝申し上げます。

・平素よりご尽力を賜り、感謝申し上げます。

・関係者のみなさまのご尽力に心から敬意を表します。

 この例文「ご尽力」の文言は、ビジネスシーンの講習や集まりなどで良く聞くフレーズです。

 自分に対して使う「尽力」の使い方の例

自分に対して使う「尽力」相手に対して「力を出し尽くす、努力をする」を表現する時には下記のように使います。

 ・誠心誠意尽力して参ります。

・一同、尽力させていただく所存でございます。

 この例文「尽力」の文言は、ビジネスシーンの決意表明の場などで良く聞くフレーズです。「ご尽力」と「尽力」、シーンによって使い方は異なりますが、便利で使いやすい敬語です。

まとめ

まとめますと、「ご尽力」とは、「何かのために力を出し尽くす、努力をする」という意味として、2通り「ご尽力」と「尽力」があり、シーンによって使い方は異なります。便利で使いやすい言葉ですのでビジネスシーンでも良く使われます。

「ご尽力」は、言葉の意味がわかっていても正しい使い方がわからないと言葉として成立しません。話し言葉でも文章でも「ご尽力」を使う機会は多々あります。早速、今日から、ビジネスマナーとして、「ご尽力」を正しく使いこなせるようにして、ビジネスシーンに活用していきましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square