英語で電話がかかってきた時の対処法

突然かかってきた電話が英語だった時、慣れていない人や英語が苦手な人が焦らず対応するのは困難です。

しかし、英語での電話の対応には定型文や対処法があります。それをきちんと覚えればきちんとした対応はできます。今回は英語で電話が来た時の対応法や定型文について紹介していきます。

英語で電話が来た時の対応法について

英語で電話がかかってきた時どのようにすればいいのか。覚えておくべきポイントを紹介します。

1, 英語にも敬語のような表現があるのを覚えておく

英語には敬語は無いと思われがちですが、日本語のようにたくさん種類がないだけで、英語にも丁寧な言い方があります。電話対応の時には丁寧な英語を使ってください。

「Could(Would) you~」「May I ~」などがこれに当たります。「Please」も丁寧な表現に入ると思われがちですが、これは丁寧に見えるように付ける意味合いのある単語ですので、立場が上と思われる人に対しては使用を控えるべきです。

2, ゆっくり話すよう心がける

定型文をある程度覚えたり、慌てたりしていると早口で話してしまいがちになります。すると相手が「この人は英語が話せる」と思ってそれこそネイティブな速さで話しかけてくるという恐れが出てきます。気をつけてください。

3, 人に代わる場合理由をきちんという

どうしても英語が駄目な場合や担当の人に代わる場合など、理由はきちんと言いましょう。

いきなり「Could you hold for a moment?(少々お待ちいただけますか?)」と言ったのでは失礼ですし、いきなり待たされるのですから不快な気持ちにさせてしまいます。

「I’ll get someone who speaks English.(英語の出来る者に代わります)」と言うなどしましょう。

英語で電話が来た時の定型文

では、英語で電話がかかってきたときの定型文を紹介していきます。

1, How may I help you?

「ご用件は何でしょうか」という意味の英語です。電話でまず相手にこれを聞くことが日本語の場合でも多いです。英語の時にもこのように相手に用件を尋ねてください。

2, Could you say that again?

「もう一度お願いできますか?」という意味です。電話で相手の声が聞こえなかったり聞き取れなかったときに使います。丁寧に頼んでいるので相手の印象も損ないません。

まとめ

いかがだったでしょうか。これをきちんとマスターして英語での電話対応が出来るようにしておきましょう。


イベント