Snapchatの画像にフィルターをかける方法

Snapchatで撮影した画像や動画にも、インスタグラムなどの他のカメラアプリと同じように、フィルターをかけることができます。今回はSnapchatで画像にフィルターをかける方法について説明します。

フィルターをかける方法

ホーム画面で撮影すると、自動的に画像の編集画面になります。その画面で左右にスワイプすることで、フィルターの加工を使うことができます。

Screenshot_2016-06-26-21-32-28

色調を変えることはもちろん、撮影時の速度、場所、時刻、温度などを表示することもできます。また、場所を入れる場合、スマホのGPS機能をオンにしなければなりません。プラベートに関わることなので注意しましょう。

Screenshot_2016-06-26-21-32-36 Screenshot_2016-06-26-21-32-45

Screenshot_2016-06-26-21-33-10

フィルターは、シンプルなものが多いので手軽に選ぶことができます。

フィルター以外の加工も

Snapchatではフィルターでの加工以外にも、様々な機能を使うことができます。ここでは、編集画面での操作について順番に紹介します。

画面加工

ホーム画面に戻る

上図の①の「×」をタップするとメイン画面(写真や動画撮影画面)に戻れます。一度戻ると、編集している写真や動画は消えてしまうので注意しましょう。

スタンプ

文字入力の「T」マークの左にある四角いむマーク(上図の②)をタップします。すると、画像に入れるスタンプ一覧が現れるので選びます。スタンプの位置や大きさも変えることができます。

文字

右上のペンの左にある「T」マークをタップします(上図の③)。すると、文字入力画面がでてくるので、伝えたいメッセージを入力します。位置や大きさも変えることができます。

ペン

写真の右上にペンのマークがあります(上図の④)。これをタップ後、色を選び(デフォルトは赤)、画面に手書きで自由に書きこむことができます。書き間違えても、戻ることができます。

秒数を設定

上図の⑤のアイコンをタップすると、画像を表示する秒数(1秒~10秒)を選ぶことができます。

撮影した画像を保存する

上図の⑥の「」のようなマークをタップすると、撮影した画像や動画を自分のスマホ内に保存することができます。

ストーリー用の画像や動画をアップする

上図の⑦の「+」付きの□マークをタップすると、撮影した画像や動画を自分のストーリー画像または動画に追加することができます。

撮影し加工した画像や動画を送る

上図の⑧の「>>」のようなマークをタップすると、友達に画像や動画を送ることができます。タップすると、フレンドを選択する画面に行くので、画像や動画を送る友達を選び、送信します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Snapchatも他のアプリと同じようにフィルター加工が使えます。比較的シンプルなものが多いので選びやすく、気軽に使うことができます。また、フィルター以外にも様々な加工ができるので、自分だけのお気に入りの画像を作ることができます。ぜひ、いろいろな機能を試してみてください。