Dropbox連携アプリでアカウントとパスワードを管理する方法

あなたのDropboxのパスワードは何文字ですか?もしかしたら、生年月日や誕生日といった簡単なものを設定しているのではないでしょうか。Dropboxにある大事なデータを守るためにも連携アプリでアカウントとパスワードを管理しましょう。そこで、Dropboxの管理について画像付きで紹介しますので参考にしてみてください。

KeePassで管理

Dropboxの連携アプリを使ったアカウントとパスワードの管理にはKeePassがおすすめです。まずは、下のサイトからダウンロードページへ進みます。
KeePass Password Safe

次に、Zip版のKeePassをダウンロードしてください。Zipを開きアプリを起動させましょう。

Downloads   KeePass1

起動したらアカウントとパスワードを管理するグループを作ります。バックアップと書かれている左側の小窓で右クリックし、「パスワードグループを追加」を入れます。

Dr pass

ここでは「pass」というグループを作りました。次に「pass」をクリックし右側の大きい窓で右クリックして「エントリーの追加」をします。タイトルは「Dropbox」、ユーザー名に「メールアドレス」、パスワードの部分に「パスワード」を入力します。

Dr pass1

KeePassは、ランダムでパスワードを作ってくれるので、パスワードのブロックを強くしたい人はおすすめです。

スマホからは「MiniKeePass」と「KeePassDroid」

iOS版は「MiniKeePass」、Android版は「KeePassDroid 」から開くことでスマートフォン版のDropboxの連携アプリとして使うことができます。

保存先はパソコンとDropbox内に分けておくのがおすすめです。

まとめ

Dropboxの連携アプリとなるKeePassは、Dropboxだけでなく様々なサイトのアカウントとパスワードを保存することができるので他にも使いみちがあります。