Facebookアプリで位置情報を利用してチェックインする方法

Facebookには現在自分がいる位置を投稿に反映させる、チェックインという機能があります。友達が今どこにいるか?を知ることのできる便利な機能です。逆に、自分がどこにいるか?を友達に知らせることもできます。

最初に一度設定してしてしまえば、いつでもチェックイン機能は使えますので、設定の部分と使い方について説明します。

チェックイン機能の使い方

image1607011652

Facebookアプリの上の方に、近況・写真・チェックインの3つのアイコンが並んでいます。チェックインをタップしてみましょう。

image1607011653

(ぼかしをかけていますが)自分のいる場所の近くのポイントがリストアップされます。この中から自分のいる場所をタップしてチェックインします。

うまくいかない場合

Facebookの設定を確認

エラーが出たり、位置情報が無いのでチェックイン機能を使えない。というようなメッセージがでた場合、設定を確認しましょう。

一度Facebookアプリを閉じて、「設定」を開きます。

image1607011655

下にスクロールしていくとFacebookというアイコンが現れるので、タップします。

image1607011656

ここでFacebookの「設定」をタップします。

image1607011657

上の方に「位置情報」というのがあります。これをタップすると、「許可しない」「このAppの試用中のみ許可」「常に許可」と3つの選択肢がでてきます。

バッテリーのことを考えて、「許可しない」にチェックを入れているとチェックイン機能は使えません。電力を大量に消費するわけではありませんので「常に許可」でいいと思います。これをタップして設定は終わりです。再びFacebookアプリを開いてチェックインしてみましょう。今度はうまくいくはずです。

まとめ

チェックイン機能は友達との待ち合わせに使ったり、自分がどこにいるかを友達に通知したりできる機能です。

位置情報を常にオンにしていると、すぐに使えます。Facebookの設定がシステムの設定の方にあるのが分かりにくいのですが、それさえ分かってしまえば、問題ありません。

ぜひ楽しく使いましょう。