デザイナーからほかの職種に転職する時のポイントと成功事例

デザイナーからほかの職種に転職したいという人は、意外と多いのではないでしょうか。

そこで、今回はデザイナーからほかの職種に転職する時のポイントと成功事例を紹介したいと思います。

デザイナーからの転職のポイント

デザイナーから転職する時のポイントを、転職先のパターン別に説明します。

どのパターンにも共通して言えるのは、当たり前ですがスキル・キャリアを活かした転職をすることが良いという点です。また、もし待遇面などに不満を抱えているのであれば、まずは職種ではなく職場を変えることを考えてみたほうが良いことが多いです。

同じ業界のほかの職種を選ぶ場合

デザイナーからの転職先でやはり一番多いのが、デザイナーとして仕事をしていた時に関わりがあった職種です。

例えば、Webデザイナーの場合は、エンジニアやディレクターなどの職種がこれに当たります。

HTML・CSSなどから始まりフロントエンドを任されるようになり、エンジニアになりたくなったというパターンや、デザイナーとしての視点を持ちつつディレクターとして企画をしたいといったパターンなどを聞くことがあります。

最近では、Webクリエイターは幅広い知識・スキルをより一層求められるようになっており、これらの職種の場合はデザイナーとしての知識を活かすことができるので良い転職です。

異なる業界のデザイナーを選ぶ場合

雑誌やポスターなどのグラフィックデザイナーをしていて、Webデザイナーに転職したいというパターンがこれに当たります。

一概には言えないですが、全くの未経験からWebデザイナーになるよりはハードルは低いかもしれないですが、やはり困難なことには変わりはありません。同じデザイナーと言っても、業界が違えばスキルや経験は全く別ということも珍しくありません。

そのため、そのスキルや経験の差を埋めるために、自分で勉強することなどが必要となります。例えば、グラフィックデザイナーからWebデザイナーになる場合は、少なくともHTMLやCSSの基礎知識は必要となるでしょう。

全く関係のない職種を選ぶ場合

一方で、全く関係のない職種に転職をしたいという場合もあります。デザイナーとしての知識・スキルを活かせないことが多く、最初は苦労するでしょう。また、転職をしても前職の待遇やポジションなどを考慮してもらえないこともあります。

ですが、キャリアにはさまざまな形があり正解などはないので、チャレンジしたいと思ったなら挑戦してみると良いかもしれません。

これらの苦労を乗り越えるだけの意志がない場合は、同じ業界の近しい職種やデザイナーとしてほかの職場を探してみたほうが良いでしょう。

デザイナーとして自信がないという場合でも、転職をきっかけにスキルアップして自信がついたというエピソードもよくあります。

デザイナーからの転職の成功例

実際にデザイナーから転職した成功事例を紹介します。

デザイナーからディレクターへの転職

Webデザイナーとして経験を積んでいくうちに、企画職の仕事に興味を持つようになり転職しました。元デザイナーというキャリア・スキルを活かせるディレクター職には概ね満足していますが、やはりデザイナーとは違う気苦労も多いなと感じています。

(20代・Webデザイナーさん)

デザイナーから講師への転職

子どもができたことをきっかけに、勤務時間が短い仕事への転職を考えるようになり、デザイナー養成講座の講師として転職しました。IllustratorとPhotoshopなどのスキルに加えて、デザイナーとしての実務経験を元にした講義内容は評判も良くスクールからも重宝されていると感じます。好きなデザインの仕事をでき、勤務時間も1日5時間と短くなったので満足しています。

(30代・既婚デザイナーさん)


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square