iPhoneの動作が重い場合の対処法

iPhoneを使っていて、動作が遅いと感じたり重たくてアプリが落ちてしまう。そういったことで困ったことはありませんか?重くなるには原因があるのです。そんな時に動きを改善する方法がいくつかあります。

今回は、iPhoneの動作が遅い時の対処法を説明していきます。

インターネットが遅い時の解消法

外出先でWi-Fiの自動検索機能が働き、遅いWi-Fiが知らないうちに勝手に繋がってしまうことがあります。そんな時はあらかじめ自動検索機能をオフにしておくと阻止することができます。

iPhoneの設定からWi-Fiを選びます。

重い2

Wi-FiのSSID一覧が表示されている一番下にある「接続を確認」をオフにします。これで自動的につながることはなくなります。

重い

文字入力の重さを解消する方法

文字入力をしていくと、前に変換した文字列がよく表示されることがありますが、これが溜まっていくと重くなる原因になります。設定から一般→リセットキーボードの変換学習をリセットをタップすることで解消されます。

重い3

重い4

重い5

safariのデータを消去する

iPhoneが重いな…と感じたらSafariのデータを消去することも大事です。データが溜まっていくとそれだけ処理が遅くなります。設定からSafariを開き、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。

キャッシュ  キャッシュ4 

アプリを整理して重さを解消

インストールしたけど使ってない…そんなアプリがある方も少なくないでしょう。使っていないアプリを整理することで重さを解消することができます。

設定から一般をタップするとストレージとiCloudの使用状況が表示されます。そこから「ストレージを管理」をタップします。

重い6

ストレージでは、アプリひとつひとつがどのくらいの容量をとっているのかがわかります。その中で使ってないアプリを選び「Appを削除」をタップするとアプリもデータもすべて削除されます。もう空き容量がなくて新しいアプリをインストールできない方はどんどん削除した方がいいでしょう。

重い7

iPhoneを再起動して重さを解消

いろいろな方法を試しても、なかなか重さが解消されない・・・という方はiPhoneを再起動してみましょう。まず電源ボタンを長押しします。スライドで電源オフという画面が表示されますので、右にスライドします。しばらくしてからまた長押しして立ち上げます。これで再起動が完了します。

重い8

まとめ

いかがでしたか?動作が遅い場合の対処法はいろいろあります。その時の状態に応じた解消法を試してみてくださいね。それでも解決しない場合は、なにか問題か不具合があるかもしれないので、そんな時はApple Storeでご相談された方が早く問題が解決するかと思います。