iPhoneのSafariとは? 基本解説と使い方

iPhoneにはインターネットブラウザのSafariが内蔵されています。このアプリを使って全世界の情報を見ることができます。ちょっと調べ物をしたい時や、新しい情報やニュースなどをいち早く取り入れたい時など、とても便利に取得できます。

今回は、Safariの基本的な使い方を説明していきます。

Safariの基本画面

まずiPhoneの画面からSafariを探して、タップします。

基本2

こちらのアイコンです。

基本

初めてSafariを立ち上げるとこの画面になります。画面の説明をしていきます

基本3

一番上には情報を入力して検索する検索窓があります。画面にはお気に入りに登録されているサイトが一覧で表示されています。はじめて立ち上げるときは初期の設定が表示されます。このアイコンをタップすればサイトが開きます。また、サイトを開いた時に使う「前に戻る」「次に進む」、いろいろな設定をする「メニュー」、お気に入りを表示できる「ブックマーク」、閲覧中の複数サイトをタブで表示して切り替えることのできる「タブ」などの機能が画面の下に表示されます。

Safariでいろいろな機能を使う

検索窓に情報を入力して検索します。このフィールドに文字を入力すると、自分の調べたい情報を調べることができます。ここでは「YAHOO JAPAN」と入力します。

基本4

 キーボードを使って入力し終わったら、Goボタンをタップします。

基本5

検索の結果から一番下にあるYahoo! JAPANを選びます

基本12

すると、Yahoo! JAPANのトップページが表示されました。3aa097fb3238190195088e0900814697

この画面からニュースを見たり、天気予報やオークションなどを閲覧したりした時に、前に戻って確認したり、先に進みたくなったりすることが起きます。そんな時は先ほど説明した、「前に戻る、「先に進むをタップしてください。

基本7

ブックマーク機能

Yahoo! JAPANをお気に入りに登録したい場合は先ほど説明した下に表示されいる本が開いたようなアイコンのブックマークボタンをタップします。メニューをタップするとこの画面が表示されます。ブックマークをタップすると完了です。

基本8

このように自分が登録したいサイトをブックマークすることができます。登録したブックマークの一覧を見るにはブックマークのアイコンをタップします。ここに表示されているサイトからアクセスすることができます。

基本10

タブで切り替え

ついつい色々なページを開きすぎると、どこを見ていたのか分からなくなってしまうことがあります。そんな時はタブで切り替えていくとわかりやすくなります。先ほど説明したタブのアイコンをタップすると整理ができます。すぐに見たいページをタップすると開きます。また閉じたい時は左上にある×をタップすると閉じることができます。

基本11

まとめ

スマートフォンが普及する前はパソコンでの検索が主流でしたが、スマートフォンユーザーが増えてきた昨今、すぐに情報を得たい時はこのようにスマホ検索をする方が多くなってきていますね。ちょっとの時間で知りたいことが調べられて、いろいろな機能も使えるのでとても便利だと思います。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square