iPhoneのSafariの「リーディングリスト」機能とは? 解説と使い方

iPhoneのSafariにあるリーディングリストをご存知でしょうか?リーディングリストとは、今は時間がないけど後でこのサイトは見たいなと思った時に、サッと保存できるとても便利な機能です。オフラインでも見ることができるので、飛行機に乗る前に保存しておいて、フライト中にじっくり見ることが可能です。

今回は、Safariのリーディングリストがどのような機能なのかわかりやすく説明していきます。

リーディングリストで見たいサイトを素早く保存

Safariを起動し、ページを開きます。この時は通常通りネットワークをつないだままにしておきます。ここでリーディングリストに追加したいページで、「共有アイコン」をタップします。

リーディングリスト2

次に、眼鏡のアイコンのリーディングリストをタップします。

リーディング1

では、リーディングリストを開いてみましょう。ここでは飛行機の中でも閲覧できるのか確認するためオフラインモードにします。Wi-Fiをオフにして、オフライン状態にするか、機内モードにしてSafariを起動するとこのような画になりますが、そのままブックマークボタンをタップします。

リーディング2

ここにリーディングリストに保存された一覧があります。先ほど保存したページをタップして開きます。

リーディング3

開くことができました。このようなすでに配信されたニュースなどは見ることができますが、SNSなどのデータ通信を常に必要とされるものは開くことができません。

リーディングリスト2

未読のみを表示する

リーディングリストが増えてきて見ていたかどうかわからなくなった時は「未読のみ表示」をタップすると見ていないサイトを開くことができます。その後、「すべて表示」をタップすると戻ります。

リーディング4

リーディング5

まとめ

いかがでしたか?お気に入りに保存するまでもない今日の出来事などのニュースやちょっとした情報をすばやく保存することができるリーディングリスト機能はとても便利です。オフラインでも閲覧することができるので、インターネット環境のない場所へ行く前に、必要だなと思う情報を保存してみてはいかがでしょうか。