iPhoneのSafariのよく閲覧するサイトを非表示にする方法

Safariには、普段よく見ているWebページを表示してくれる「よく閲覧するサイト」という項目があります。これはよく見るページがある方にとっては便利な項目ですが、そんなに使わない方にとっては必要のない機能かと思います。また他人には見られたくないといった方もいるのではないでしょうか。これを非表示にすることができます。

今回は、Safariのよく閲覧するサイトの非表示方法を説明をしていきます。

よく閲覧するサイトとは

まず、「よく閲覧するサイト」はどのように表示されているのか確認したいと思います。Safariの新規ページを開きます。すると下の方によく閲覧するサイトという項目が表示されます。これは自動でピックアップして表示してくれる機能です。そのため、頻繁に見るサイトが多くなればここに表示される数も増えていくことになります。それではちょっとわずらわしいという方もいらっしゃるかと思いますので、この項目を非表示する方法を説明します。


75c88973e9b1358f6b0e85a943cec241

見られたくないサイトは非表示に

Safariの設定画面を開きます。中央部分に「よく閲覧するサイト」という項目がありますので、そこをオフにします。

非表示

するとよく閲覧するサイトを開くとサイトが非表示になっています。これで完了です。また表示したい時には先ほどオフにしたところをオンにすれば再度表示されます。

d227638b656bbadfc902812a13618722

非表示ではなく削除したい場合は

完全に削除したい場合は削除したいサイトのアイコンを長押しすると削除というポップアップが出ますので、そこをタップすると削除することができます。

b601bfff06d2af889f544d35cfda7ca5

まとめ

非表示と聞くといろいろと難しい操作が必要なのかなと思いがちですが、オンとオフを切り替えるだけの簡単な操作ですね。人に見られたくないサイトやもうこれからは見ることがないサイトは非表示にしたり、削除したりした方がいいかと思います。