自撮り動画アプリMSQRDの使い方と設定

おもしろい自撮りアプリの中でも、動画を撮るならば「MSQRD」を使ってみましょう。自分とは全く違った姿で撮影することができるので、送った相手も驚くかもしれません。今回は、このちょっと変わった「MSQRD」の使い方と設定方法について解説します。

MSQRDの使い方と設定について

サインインしてもしなくても使うことは可能

他のアプリでは、基本的にアカウントの登録が必須となっているものが多いのですが、MSQRDはアカウントの登録は必須ではありません。というのも、MSQRDアプリ内で誰かとやり取りをするということはなく、あくまでも撮影をするためのアプリだからです。

サインインができないということはなく、「Facebook」アカウントでサインインすると、ライブ配信の際にMSQRDを使ってマスクを付けた配信をすることが可能です。

ライブ予約配信をするならFacebookと連携する

IMG_2470

初めてMSQRDを起動すると、上記画面が表示されます。この際に「Facebookでサインイン」を選びFacebookと連携をとるのも良いでしょう。

IMG_2471_1

後からFacebookとの連携を取りたい場合は、左上の「人型」マークをタップしましょう。

IMG_2476

すると、Facebookの連携画面が表示されますのでこちらで利用したいアカウントの「メールアドレスや携帯番号」と「パスワード」を入力して「ログイン」をタップしましょう。これでFacebookとの連携が完了されます。

動画とカメラの切り替えはワンタップ

IMG_2472_1

MSQRDで動画と静止画カメラを切り替えるのはワンタッチでできます。上記の画像は、動画撮影になっています。真ん中のシャッターボタンが「赤いビデオ」になっていれば動画、青い「カメラ」になっていれば静止画です。切り替え方法は、右側の「カメラ」もしくは「ビデオ」ボタンをタップしましょう。

IMG_2477_1

切り替えると、シャッターボタンの色とボタンが変更されます。

撮影方法はシャッターボタンを押すだけ

IMG_2472_2

撮影方法は簡単です。好きなマスクを選んで「シャッターボタン」をタップするだけ。動画の場合は、一度タップすると撮影が開始され、もう一度タップすると撮影が終了します。静止画カメラの場合は、一度タップするだけです。

多くのマスクを使ってみよう

IMG_2473_1

MSQRDの楽しみの一つである多くのマスクを、カタログから見てみましょう。今表示されている内容はほんの一部で、「カタログ」を開くことでより多くの変身マスクがあります。こちらからどんどんマスクを使っておもしろい撮影をしてみましょう。

まとめ

MSQRDの使い方と設定方法をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。MSQRDには設定という概念はほぼありません。サインインを行わなくとも、多くのマスクを利用することも出来ますし特に不便に感じることがないのでFacebookを行っていない人でも気軽に始めることが出来るでしょう。