自撮り動画アプリMSQRDの動画を保存する方法

おもしろい動画を撮影したら、自分で楽しむのも良いですが誰かにシェアしたいと思うこともあるでしょう。FacebookやTwitterなど多くの人と共有することができるSNSが流行っていますので、MSQRDで撮影した動画をそういったサービスでシェアしたいと考える方も多いと思います。今回はMSQRDでの動画を保存する方法と、SNSでシェアする方法について説明します。

MSQRDの動画を保存する方法

IMG_2472_2

まずは動画を撮影しましょう。好きなフィルタを選び、「シャッターボタン」が動画(赤いビデオマーク)になっていることを確認してタップします。

IMG_2479

一度、シャッターボタンをタップすると動画の撮影が始まります。シャッターボタンが「赤い四角」になり、周りをぐるっと赤いラインが頂点に達するまで動画を撮影することができます。残り時間がどれくらいかというのが、視覚的に見ることができるので焦らずに撮影をしましょう。

※MSQRDの動画の撮影可能時間は、最大で20秒になります。

IMG_2481

動画の撮影が終わると、上記の様な画像が表示されます。左から「Instagram」「Facebook」「Twitter」「その他」になります。他のアプリでは、「その他」からカメラロールに保存を選ぶことが多いのですが、MSQRDは自動で保存されているため特に保存をするためにするべきことはありません。

この画面では、「Instagram」「Facebook」「Twitter」を使って動画をシェアしたい場合に利用しましょう。下部に「修理」とされているボタンは日本語訳がおかしいのですが、シェアしたいSNSを選び「修理」ボタンをタップすると投稿する文章を記載することが出来ます。

まとめ

MSQRDはあまり説明がないので保存されたかどうかがわかりづらいのですが、自動で動画や写真が保存されていますので安心してください。保存した動画をSNSに投稿して友達とも楽しんでみましょう。



イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square