minne(ミンネ)で商品が売れないときに確認したいポイント

「minne(ミンネ)」は誰でも気軽に手作りの作品を売ったり買ったりすることの出来る便利なアプリです。現在、iPhoneでもAndroidでもアプリがリリースされていますので「minne」を販売者として使っている方、購入者として使っている方、様々いらっしゃると思います。

今回は、販売者としてminneを利用されている方に向けて「商品が売れないときに確認したいポイント」についていまとめてみました。

商品が売れない?ここをチェックしてみよう

screen322x572

1. 価格は適正かどうか

商品をminneに出品する際に、minneで同じような商品を出品している方をリサーチしたり店舗の価格を見たりして設定していますか?

購入者の方はどんなに欲しいと思っても「価格」をしっかりと見ています。自分が購入者になったとき、手作りの作品でも既製品でも商品の価格はチェックすることでしょう。安ければ良いというものではありませんが、minneでの適正価格を判断して商品の価格を設定しましょう。

2. 商品の写真は綺麗かわかりやすいか

minneでは、実際に物を手に取るのは商品が届いたときになります。実物を見ないで購入するということは、購入者が判断できる一番のポイントが「写真」になります。

商品の写真は綺麗に撮影出来ていますか?一目見て、惹かれる写真が撮れていないと購入者の方にも作品の良さが伝わりません。かといって、写真を加工しすぎて元々の商品と全然違うものになってしまうと、あとからクレームがくる原因になります。「実物に近い写真を撮ること」「写真は綺麗なものを用意すること」の2点に心がけて写真を撮影、加工して載せましょう。

3. 商品の説明文はしっかりと書いているか

写真と同じく重要なのが「商品の説明文」です。やはり、実物を見ることが出来ない購入者は商品の説明文も重要視します。

例えばアクセサリーなどで、金属アレルギーを持っている方は素材を気にします。また、商品を購入してからどのくらいで手元に届くのかという納期を気にする方もいます。「商品の素材」「商品のカラー」「納期」「発送方法」「オーダーが可能か」など、どういった商品なのかが説明文を読んでわかるようにしっかりと書くことが大事といえます。

4. 目に留まる名前を付けているか

minneを開いてまず目に留まるのが「商品の写真」ですが、一緒に表示されている「商品の名前」を適当につけていませんか?商品の名前というのは非常に重要なポイントになります。例えば「猫のピアス」を作成して売り出したいという時に付けた名前が

・猫のピアス
・【K18】かわいい猫の揺れるピアス

この2つの名前を見た時にどちらを表示させてみようと思いますか?恐らく多くの人が2番目に挙げた名前を選ぶと思います。商品の名前というのはわかりやすいものであるということと共に、目に留まる名前を付けることが大事だと言えるでしょう。

まとめ

今回はminneで販売をしているのにもかかわらず売れ行きがいまいち…という時に確認してほしいポイントを4つ挙げてみました。minneでは、素敵な商品がたくさんありますので目に留まらないとどんどん流されてしまいます。1人でも多くの人の目に留まるような商品の売り出し方を考えてみましょう。