Photoshopでパターンを登録する方法

Photoshopには、デフォルトで様々なパターンが入っており、毎回画像を準備したり図形を描画することなく、背景や部分的に柄などを追加することができます。

更に、Photoshopのパターンは自分で追加や削除をして、ライブラリをカスタマイズすることが可能です。そこで今回は、Photoshopのパターンを追加する方法をご紹介します。

パターンを登録する方法

登録したいパターンを準備する

まずは、登録したいパターンを用意しましょう。自分で作成したものも登録できますが、今回はネット上で配布されているものを登録してみます。

スクリーンショット 2016-07-06 17.03.59

今回は「Blue Chevron Seamless Patterns | PHOTOSHOP FREE BRUSHES」のオシャレなパターンをダウンロードしてPhotoshopで登録してみます。ダウンロードや使用の際はよく規約を読んで自己責任で使用してください。

スクリーンショット 2016-07-06 17.15.47

ダウンロードしたファイルを必要に応じて解凍などして、パターンファイルが確認できたら準備OKです。


パターンを登録する

226

Photoshopを開いて、パターンを使用できるツールを選択してください。何でも大丈夫ですが、今回は、長方形ツールを選択してみました。

227

オプションバーで塗りの部分をクリックします。

228

このようなパネルが表示されます。斜めのストライプのアイコンがパターンのアイコンなので、これをクリックします。現在登録されてるパターンが表示されています。右側の歯車のアイコンをクリックしてください。

229

このようなメニューが出るので、パターンの読み込みをクリックします。先ほどダウンロードしたパターンファイルを選択してください。

230

このように、パターンが追加されました。

パターンを使用する方法

登録したパターンは、先ほどのパネル内から好きなパターンをクリックするだけで、選択しているレイヤーに適用させることができます。

231

実際にパターンを画像に使用してみたのが上の図です。

パターンを編集する方法

適用させたパターンの色味などを編集したい場合は、レイヤー効果を使用します。このとき、レイヤーに直接レイヤー効果を適用させるのではなく、レイヤーをグループ化して、グループに対してレイヤー効果をかけるのがポイントです。

カラーオーバーレイで色味の変更を行ったり、グラデーションオーバレイでパターンに対してグラデーションをかけることもできます。

まとめ

ダウンロードしたものを読み込むだけで、いつでも手軽にパターンが利用できるようになるので、是非活用してみてください。

無料で使用できるパターン素材については、以下の記事で紹介しています。


イベント