ビジネスの年賀状でのコメント例

会社からの顧客や取引関係への年賀状は、継続した付き合いを図るためにも有効なビジネスツールです。ビジネス向け年賀状のマナーと賀詞の定型文、挨拶文例を紹介します。

年賀状のマナー

新年冒頭の挨拶ですから、昨年の感謝と新年の抱負や変わらぬご厚意など、お互いの一層の発展を願い、より丁寧な言葉づかいを心掛けましょう。 

年賀状の文章は短いので誤字脱字などは目立ち易く、失礼の無いように再確認しましょう。

新年早々から区切りをつけるのは良くないという思いの方もいますので「、」「。」などの句読点は文中につける必要がありません。重なり言葉の「新年明けましておめでとう」や「一月元旦」は使わない様に注意しましょう。 

新年を祝う挨拶ですから、隆盛や発展に繋がる前向きな言葉を選びましょう。

「潰れる」「滅びる」「枯れる」「衰える」「破れる」「失う」「倒れる」などは年賀状の忌み言葉とされます。また、「去年」は「去る」を意味しますので、「昨年」「旧年」と書きましょう。

セールや特典情報など営業的な案内は年賀の挨拶の意味から外れますので、年賀状に書くと失礼に当たりますので避けましょう。 

年賀状は、①賀詞(大きく書く)、②挨拶文(お世話になった感謝など)、③年号・日付、④住所・氏名など差出人の情報の順に書きます。

賀詞の語句

賀詞とは、年賀状の冒頭に書く新年のお祝いの言葉で、スペースの関係から簡略語も多用されますが、目上の人などに送る場合は粗雑感があるとされます。また、簡略語句を使用しながら、挨拶文の文頭に賀詞の文を書くと、重複になるので避けましょう。 

賀詞の簡略語句:寿、賀、賀正、迎春、頌春、賀春、謹賀新年、恭賀新年、など

賀詞の文例:

新年おめでとうございます

明けましておめでとうございます

新春のお慶びを申し上げます

謹んで年頭のご祝詞を申し上げます

謹んで初春のお慶びを申し上げます

新春を寿ぎ謹んでごあいさつ申し上げます

挨拶文例

旧年中のご愛顧を感謝申し上げます 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます 本年も相変わらずご愛顧の程お願い申し上げます

旧年中のご縁に感謝いたします 本年もご指導の程何卒よろしくお願い申し上げます 

旧年中は大変お世話になりました 昨年よりも一層の努力をして成果を上げられるよう励んでまいります 本年もご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます

毎々格別なお引き立てに預かり有難く厚く御礼申し上げます 本年も相変わりませずご愛顧の程お願い申し上げます

本年も社員一同さらなる努力をもって皆様のお役に立てるよう頑張る所存です 本年も変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます

清々しい新年をお迎えのことと存じます 本年もどうぞよろしくご指導頂きますようお願い申し上げます 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致します

日頃の親身なご指導に深く感謝申し上げます 昨年の経験を生かしご期待に応えるべく精進する所存でおります これからも変わらぬご指導をお願い申し上げます

昨年中はお世話になりありがとうございました 日頃のご指導に感謝致しますとともにご期待に応えられる一年にしたいと思います 今年もどうぞよろしくお願い致します

まとめ

ビジネスの場面では、定型的な感謝の言葉や変わらぬご交誼をお願いする文章がすでに印刷された年賀状が用意される場合が多く、宛先のみで自分自身で文面に記載することは少ないかもしれません。

しかし、受け取る相手はあなた個人からの年賀状でもあります。「旧年中のお礼」と「新年の抱負」など形式的な挨拶と一緒に、個人的なメッセージが書かれていると親近感も増して、新しい年の取引にも有効に働きます。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square