ハンドメイドマーケットminne(ミンネ)とは?

以前に比べ、手作りの作品を売るということが身近になった昨今、売り出す為のツールとして人気なのはやはり「インターネットを利用した売り方」です。ホームページを開設したり、すでにある販売サイトに出品したり、オークションに出品したりと様々な方法があります。その中でも注目されているのが「アプリを使って売り出す」という方法です。

今回は、ハンドメイド作品を売り買いするためのアプリminne(ミンネ)についてご紹介致します。

minneとは

screen322x572

minneとは、国内最大級のハンドメイドの売り買いが出来るインターネットサイトのことを指します。ホームページもありますのでパソコンから作品を売ったり買ったりすることも出来ますが、簡単に利用することが出来るのは「アプリ」です。iPhoneでもandroidでもminneのアプリはリリースされています。

ハンドメイドならば何でも売ることが可能

ハンドメイド作品というとぱっと思い浮かべるのが「アクセサリー」の方も多いと思います。しかし、minneで売ることが出来るのはアクセサリーだけではありません。雑貨、洋服、アクセサリーから家具までハンドメイドならば何でも売ることが出来ます。minneで取り扱っている作品数はなんと250万点以上です。

作家さんとのやり取りが可能

minneの人気が高い点として、作品の購入時や質問がある時など、作家さんに直接問い合わせをすることができるるという点です。色違いでの購入が可能か、売り切れてしまっている商品は再販の可能性はあるのかなど問い合わせることが出来ます。

スマホひとつで出品が可能

作家さんは、スマホひとつあれば写真を撮影して商品の情報を入力してすぐに出品をすることが出来ます。もちろん値段設定も自由自在です。また、自分の好きな様に売り買いすることが出来るのがminneの良い点です。撮影した写真を、加工するのもminneアプリ内で行うことが出来るので他のアプリを使う必要もありません。

お気に入り登録が出来る

気に入った作品を作っている作家さんのNEWアイテムは気になるとおもいますが、minneならば作家さんをお気に入りに登録することが出来ます。そしてその作家さんが新しいアイテムを出品した時にアラームで通知することが出来ます。気になった作家さんはお気に入りに登録して、シリーズで購入してみるのも良いかもしれません。

まとめ

minneは、ハンドメイドマーケットでは国内最大級と言われています。難しい操作もなく、作家さんの立場でも購入者からの立場でも利用しやすいアプリです。世界に一つしかないオリジナルのアイテムを探しているという方は、minneの世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square