B612の動画撮影方法と設定

おしゃれなエフェクトとフィルタで人気の「B612」ですが、エフェクトやフィルタはそのままで動画の撮影が出来ることは案外知らない方が多いようです。撮影方法は、写真とほぼ同じ。

今回は、「B612」を使って動画を撮影する方法と動画の設定についてまとめてみました。

B612では動画はこう撮る

B612で動画を撮影する場合には、撮影前にエフェクトやフィルタを選択しておくことをおすすめします。他のアプリでは撮影後の編集でエフェクトなどをかけることが出来ますが、B612ではそれが行うことができない為、一度保存してから再度開いて編集するという方法になってしまいます。

そのため、撮影前にエフェクトなどの設定をしておくとその手間が省けるので良いでしょう。

IMG_2553

動画の撮影方法は、静止画と同じ様に画面上のどこかをタップします。静止画の場合はタップですが、動画の場合は長押しをしましょう。押している間、動画の撮影を行うことが出来ます。

IMG_2554

撮影後の設定について

撮影後は下記画像の様な設定画面(編集画面)が表示されます。

①音のオンオフ
②ミュージックの設定
③B612BOOK(現在はサービスが終了しています)
④Instagram用サイズ変更
⑤その他
⑥ゴミ箱

IMG_2556

B612では、もとからアプリに入っている軽やかな音楽を動画に付けることが出来ます。②のボタンをタップすると下記画面が表示されますので左右にスワイプして音楽を選んで付けてみるのも良いでしょう。

IMG_2557

Instagramを利用されている方はご存じだと思いますが、Instagramでは画像も動画も真四角の状態での投稿となります。B612では何か設定をしない限りは縦長の状態での撮影となりますので④のボタンをタップすることで真四角の動画に切り抜くことが出来ます。

⑤のその他では、動画の保存や他のアプリの連携投稿などを選ぶことが出来ます。

まとめ

他のアプリでは、撮影後にエフェクトやフィルタをかけたり様々な編集を行うことが出来ますがB612で動画を撮影する際には撮影前にエフェクトなどの設定するのがおすすめです。もちろん後から編集を行うことも出来るので、忘れてしまった方は一度動画を保存してから再度B612で編集をしてみると良いでしょう。