会社を休むときの連絡法

朝起きたら熱がある、前日から調子が悪いなどで会社を休みたいという日もありますよね。日ごろ気をつけていても体調管理は難しいものです。

朝になって急に休みを取りたい場合の会社への連絡はどのようにするのが正しいでしょうか? 今回は、会社を休むときの連絡方法をご紹介します。

連絡の方法は?

体調が悪くて休みたいとき、連絡する手段としてメールや電話、社内で使っている連絡ツールなどが考えられます。

自分で連絡がつけられないほどの重病や救急の場合を除いて、無断欠勤や別の人に連絡してもらうということはやってはいけない行為です。

電話で連絡をとる

電話を使い、きちんと自分の口で伝えることが最適な方法です。メールで済ませたいと思うかもしれませんがやはり電話が一番でしょう。

メールで連絡するのが通常となっている会社であればそれは問題ないと思います。

連絡の内容は?

では、具体的にどのように会社に伝えればよいかについて見ていきましょう。

「具合が悪いので今日休みます。」 これでは駄目ですね。

「昨夜から熱があり病院に行きたいので休みを取らせてもらえませんか?」 というように具合について具体的に話します。

許可がでた場合、「ご迷惑をおかけします。申し訳ありません」 と仕事に穴をあけることをお詫びします。

また、予定が入っている場合などはそのことも詳しく伝えておきましょう。誰か代わりにやってもらうか、日程を変更するかの判断が必要となるからです。

その場合は、取引先の相手へも事情を話す必要があります。会社の上司がすべてやるから安心して休みなさいと言ってくれた場合は、そこまでしなくてもいいでしょう。

体調不良で休みをとる基準

社会人となれば取引先との約束などがあれば少々の熱では休めないのが現状です。休んでよい基準などは難しい問題です。

自分が会社へ行ってもどうにか仕事ができそうであれば、休まず出社する人が大半だと思います。会社へ行っても仕事をするどころか、他の人に迷惑をかけてしまうと判断した場合は休むのが賢明でしょう。

ましてインフルエンザなど人に移してはならない病気は、もちろん他の人に迷惑をかけてしまうので休みを取りましょう。

体調が悪いから休みたい、けれど休めないというシチュエーションを、ビジネスマンなら何度となく経験するでしょう。本当は具合が悪ければ休むべきなんですが、それが簡単にはできないのが世間一般的です。

ですから日ごろから体調には気をつけて、元気で毎日を乗り切れるようにすることも仕事のひとつと考えましょう。