JPGとJPEGの違いとは?

この記事では、写真画像等でおなじみのファイル形式、JPEG(ジェイペグ)について解説しています。

JPEGにはJPGとJPEGのファイル拡張子があり、どう違うのか混乱される方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここで、画像形式としてのジェイペグとファイル拡張子としてのジェイペグについて整理していきましょう。

まずは、なぜJPGとJPEGと2種類の名称があるのか、そもそもジェイペグとは何かを解説していきます。

静止画像データの圧縮形式JPEG

JPEG(ジェイペグ)とは、ファイルの拡張子でもあり、静止画像データの圧縮形式のことを指します。

JPEGとは、静止画像データの圧縮形式の一つ。フルカラーの画像を多少の劣化を伴いながら高い圧縮率で圧縮できるのが特徴で、写真など自然画像の記録に向いている。ファイル名の標準の拡張子は「.jpg」あるいは「.jpeg」。

引用元:IT用語辞典e-Words/JPEGとは

上記引用のように、静止画像データの圧縮形式JPEGには、ファイル標準の拡張はjpgとjpegの2種類があります。ファイル形式が同じであるのに、なぜ2種類もあるのでしょうか。

MS-DOS時代のファイル拡張子は3文字まで

JPGとJPEGという拡張子が2種類ある理由は、MS-DOS時代の制約の名残です。MS-DOSではファイル拡張子が3文字まで、という制約があったためjpgを使用していました。

そして、MS-DOSの流れを汲むWindowsでは、そのままファイル拡張子を3文字以内にする習慣が残っており、jpgを使用しています。しかし、現在普及しているOSでは3文字の制約がないため、jpegも使用することができます。よって、jpgとjpegが混在するようになりました。

結局、どちらを使用すればいい?

ファイル形式上の違いはないものの、拡張子はjpgの方が多く使用されているようです。

ただし、JPGとjpgの違いには気をつける必要があります。Windowsではファイルの拡張子の大文字、小文字の識別はしません。しかし、UNIX上ではされるため、aaa.jpgとaaa.JPGは別ファイルとして認識されますので、注意してください。

【おまけ】JPEGを使用する場面

JPEGは写真など、容量が大きい画像を保存するのに向いている保存形式です。なぜかというと、JPEGはファイルを非可逆圧縮することで不必要なデータを削っているからです。

保存する度にデータを損失してしまうデメリットはありますが、自由に圧縮率を設定し、写真が劣化しない程度にファイルサイズを調整することができます。

JPEGと他の形式GIF・PNGの使い分け

画像の保存形式で主に使用されているのは、この記事で紹介したJPEGと他にGIF・PNGの3種類の形式があります。JPEGの使用に適しているのは上記で述べた通りの場面ですが、残りのGIFとPNGはどうやって使い分けをするべきでしょうか。

GIFとは

GIFはJPEGと同様古くからあるファイル形式で、元々、写真以外の画像ファイルを保存する形式として利用されていました。そして、可逆圧縮で透明色を扱うことができ、さらに動画を作成することができます。

しかし、GIFはLZW圧縮という方法で画像を圧縮しており、一時期この方法の特許について論争が巻き起こるという事件がありました。今では全ての特許の有効期限はきれましたが、その間にGIFに代わるオープンなファイル形式として開発されたのがPNGとなっています。

PNGとは

PNGはGIFに変わるファイル形式として開発され、GIFと同様、可逆圧縮で透明色を扱うことができます。そして、GIFとPNGでは、PNGの方が透明色がある画像の形式として適しています。

しかし、PNGはJPEGとGIFに比べると新しい技術であり、古いブラウザでは表示できない可能性があります。また、ファイルサイズも他の2つに比べて重くなりがちです。

JPEGは写真画像、GIFとPNGの使用に適している場面は?

GIFとPNGについては似たような特性がありますが、GIFはPNGと違って動画を作成することができるので、その場合はGIFを選択しましょう。

そして、透明色がある画像や、使用している画像の劣化を防ぐために可逆圧縮を利用したい場合は、PNGを使用すると便利でしょう。

まとめ

JPGとJPEGのファイル形式に違いはありません。ファイルの拡張子として異なるだけです。2種類ある理由としては、MS-DOS時代の制約の名残があるためです。

どちらの拡張子をつけるか迷った場合は.jpgをつけることをおすすめします。


イベント