お見舞金の基本的なマナー

生活のいろんな場面で、お見舞いをすることがあります。しかし、その時に感じるのがなにか決まりごとがあるのかということです。

お見舞いについてのマナーはどんなものかについて説明していきます。

お見舞金の基本的なマナー

お見舞いをする人

  • 身内
  • 親しい人(友人、知人)
  • 近隣の方
  • 仕事関係の方
    など、縁のある方が入院したような場合です。

あまり親しくないような方への場合は、かえって困らせてしまうことがあるので気をつけましょう。

金額

  • 親、兄弟、祖父母、孫、親戚 ⇒ 5千円~1万円
  • 知人、友人 ⇒ 3千円~5千円
  • 仕事関係などでまとめてお見舞い ⇒ 3千円
  • ご近所 ⇒ 3千円~5千円

ここで注意したいのは、4(死)、6(無)、9(苦)などの忌み嫌われる数字は避けることです。外国では13が嫌われます。

目上の方へは、現金は櫃例になりますのでやめて、ギフト券や商品券にしましょう。

渡し方

  • 基本的には、祝儀袋に入れて渡します。
  • 繰り返さないという意味で、水引は「結び切り」を使います。

祝儀袋でなくても、白い封筒であれば良いでしょう。

心得ておきたいこと

お見舞いの時期に、気をつけることです。相手の精神的、身体的な負担にならない時を選びます。

また、服装にも気を配ります。派手な服はもちろんですが、黒い服も葬儀を連想させるのでやめた方が良いとされます。

まとめ

お見舞いに行くときは、いろいろなことに気を遣う必要があります。まずは、相手に気を使わせない程度にするということを、心掛けましょう。