自動でツイートするTwitter botの作り方

Twitterを利用している時に「〇〇bot」というユーザーを見かけた事はないでしょうか?あれはbot(ボット)と呼ばれており、プログラムによって自動で発言するシステムになっています。

botは特定の時間になると自動的にツイートしたり、bot宛ての発言にリプライしたり、特定のキーワードに反応したり、と様々な機能を持っています。面白そうなので自分でも作ってみたい、と思った方もいるのではないでしょうか。今回はそんなTwitter botについてご紹介します。

作るにはどうすればいいのか?

Twiiter botには作成できるサービスを提供しているサイトが多数存在します。無料で作成可能なものや有料のもの、サイトによって使える機能も異なっており、内容は様々です。

今回は多数あるサイトの中から、無料で作成できるサイトで実際に作りながらのご紹介と、その他のサイトについて簡単に説明させて頂きます。

twittbotを利用してみる

今回は「twittbot」というサービス利用してみました。新規登録から実際に呟きを登録するまでの流れをご説明します。

新規登録をする

まずは管理IDの新規登録を行います。

トップ画面の左下に「ログイン」という項目があるので「新規登録」をクリックします。

twittbot3

別ウィンドウが開きますので、任意の情報を入力して「送信」確認画面が出たらもう1度「送信」をクリックします。

twittbot4

IDとパスワードの登録が完了したら、情報を入力してログインします。

twittbot6

ログインが完了したらトップ画面の「LOGIN」ボタンをクリックします。

twittbot

画像認証を求められるので、画面に記載されている数字を選択し、「送信」をクリックします。

twittbot2

送信すると、アプリケーションの連携を尋ねられます。

twittbot7

クリックすると次の画面に移ります。(初回は「ログインしました」ではなく「登録完了しました」と表示されます。)

ちなみに、左上の「bot管理メニュー」の「管理中のボットです」という文言の下に、ログインしたTwitterのアカウント情報が表示されます。アカウントを複数お持ちの方は利用時に確認をお願いします。

twittbot8

これで準備が完了です。

つぶやきの登録の仕方

ログインすると画面で「user」になっている欄にアカウント情報が表示されますので、間違いない事を確認してください。「つぶやき登録へ」をクリックして操作を開始します。

twittbot9

まずはbotがつぶやく言葉を登録していきましょう。

左上の「つぶやき」をクリックします。(最初はこの画面がデフォルトになっているので、表示されていればクリックする必要はありません)

水色の枠に言葉を入力し、「つぶやきを追加」をクリックしてください。尚、1行が1つぶやきとカウントされますので、改行すると複数扱いになってしまいます。複数行入力を使う事で同時にたくさんの言葉を登録する事も可能です。

twittbot10

基本的には、ここまで行えばbotは勝手につぶやくようになります。

つぶやきの設定について

実際につぶやくようになったら、つぶやく時間や間隔など詳細の設定を行いましょう。

各種メニューについて簡単にご説明させていただきます。

twittbot12

返信:〇〇という言葉を受け取ったらXXと返す。というように、ある特定の言葉に対して反応するように設定できます。

ランダム返信:返信で設定した条件に合わなかった場合、ランダムに返す言葉を設定できます。

タイムライン返信:フォローしているIDのタイムラインに返信が可能で、返信設定と同じく特定の言葉に反応させる事が出来ます(プレミアムバージョンのみの機能です)

時間指定:日付指定、曜日指定、時間指定など、特定の時間につぶやかせたい言葉を登録できます。

返信シミュレーション:返信登録を設定した場合、正常に利用できるかテストする事が出来ます。

エラーログ:botで発生したエラーを確認する事が出来ます。

お知らせ履歴:過去にTwittbotが発信したお知らせの履歴を見る事が出来ます。

タイムラインBETA:自分のTwitterのタイムラインを確認出来ます。ここからつぶやく事も出来ます。

rss/feed BETA:ブログやニュースサイトの rss/feed を自動で読み込んでツイートする機能です。

片思いリスト:自分がフォローしているけれど、相手は自分をフォローしていないリストを表示させる事が出来ます。

ボットIDログアウト:ログアウトします。

詳細設定:各メニューで設定したものとは別に、細かい設定を行う事が可能です。設定を変更した場合は「設定を更新する」を忘れずにクリックしてください。

twittbot11

つぶやき状態:その言葉をつぶやくかどうかを設定します

つぶやき順序:登録した通りの順番にするのか、ランダムにするのかを設定します。

TL返信:ボットがフォローしているアカウントのタイムラインに反応して返信する事が出来ます。(プレミアムバージョンでのみ利用可能)

つぶやき間隔:何分、又は何時間おきに呟くのかを設定します。

返信設定:アカウントに対する返信設定を行います。

返信制限設定:返信するIDと返信しないIDを設定して制限する事が出来ます。(プレミアムバージョンでのみ利用可能)

夜間のつぶやきの停止:夜中のつぶやきを停止を設定します。

ハッシュタグ:ハッシュタグという、特定の検索ワードの付随について設定できます。注意にもある通り、ハッシュタグは関連した呟きにつけるものです。内容と関係あるかどうかご注意くください。

自動フォロー返し:自動でフォローするか設定します。

投稿元リンク:投稿元リンクの設定が可能です。(プレミアムバージョンでのみ利用可能)

その他のサービス

Botbird

基本的なbot機能に加え、Via変更、アイコン変更、画像アップなどが使えて無料機能が充実しています。少々複雑ですが、上級者メニューも用意されており、独自のbot作りが出来ます。

MakeBot

bot作りがわかりやすのでこちらも初心者の方へおすすめです。ランダムリプライやタイムラインリプライが行えます。有料のみのサービスですが、アイコン自動変更機能もあります。

キャラボット

決められたリストの中からランダムに投稿する機能を持っています。自分宛ての投稿に対し、キーワードが含まれていたら返信を行う、フォロー返ししてウェルカムメッセージを投稿など、キャラの引き立つbot作りが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?名言や雑学、豆知識、キャラクターのbotなどが良く知られているものではないでしょうか?宣伝用に使ったり個人の楽しみの為に使ったり、用途は様々かと思います。利用には注意も必要ですが、正しく使えば楽しいbotが作成できそうですね。


イベント