返送メールなどにあるMAILER DAEMONとは?

メールを送信するといきなり英語の返信メールが返ってきて戸惑った経験はないでしょうか。送信メール欄にはMAILER DAEMONとあり、「なぜ海外の人からメールが届いたのだろう?」と不審に思う人も多いようです。

この英語メールの正体は何で、どのように対処すれば良いのでしょうか。以下詳しくご説明します。

返送メールの英文の意味は?

MAILER DAEMONのメールとは、送信したメールが何らかの理由で相手に届かなかった場合に、メールサーバーから自動的に返信されているメッセージです。メールが送信できなかった原因については本文(英文)に記載されているので、内容をよく読んで対応するようにしましょう。

MAILER DAEMONとは?

読み方は「メーラーデーモン」です。送信先に正常にメールが送信できなかった場合、プロバイダのメールサーバーから自動で送信されるエラーメール通知を行うプログラムを意味します。エラーの内容を日本語で表記すると文字化けしてしまう可能性があるので文章は英語表記なのですが、重要なメッセージが含まれているので英語が苦手な方は自動翻訳サイトなどを利用して解読すると良いでしょう。

MAILER DAEMONは通常送信しかできず、メールは受信できないよう設定されています。というわけでMAILER DAEMONのメールに返信しても返ってきてしまったり、無視された状態になったりするので意味がありません。

また厄介なことにMAILER DAEMONを装った迷惑メールやウイルスメールも存在します。MAILER DAEMONのメールに貼られているリンクは通常こちらが送信したメールの宛先なのでクリックする必要はありません。そして何らかのURLが記載されている場合は迷惑メールである可能性が高いので、クリックしてアクセスしてしまわないよう注意しましょう。また添付ファイルがある場合もウイルスかもしれないので開かないようにしてください。

というわけで、基本的にMAILER DAEMONのメールは内容を読んだらすぐに削除してしまって大丈夫です。

エラー英文のパターンと意味

MAILER DAEMONからのエラーメッセージには様々な種類がありますが、ポイントを押さえれば対処法はそれほど難しいものではありません。以下メール本文に記載されている文言の代表的なパターンについてご紹介します。

User unknown

送信先のアドレスが存在しないことを意味します。まずはメールアドレスが間違っていないか確認してください。また担当者が退職するなどしてメールアドレスが使用できない状態である可能性もあります。そんな時は送信先にメールアドレスを確認してからメールを再送するようにしましょう。

Host unknown または host not found

メールアドレスのホスト名(@より後ろの部分)が存在しないことを意味します。こちらも対処法としてはメールアドレスが間違っていないか確認してください。

This file ○○○ has been infected with the virus

送信したメールがウイルスに感染していることを意味します。ウイルスが検知されて受信拒否されている状態なので、直ちにウイルス対策ソフトを導入してウイルスチェックを行ってください。

Message size exceeds remaining quota

送信先のメールボックスがいっぱいになって受信できない状態です。相手に連絡して不要なメールを削除してもらい、容量を確保するようにしてください。また、メール添付ファイルが大きすぎる可能性もあるのでそちらも確認してください。

Message exceeds maximum fixed size

送信したメールのサイズが大きすぎるパターンです。メーラーが送信できるサイズには上限があり、大きすぎるファイルは受け取り側にとっても迷惑なものです。添付ファイルを圧縮するなどしてメールの容量を小さくしてください。

Message could not be delevered

メールサーバーにてメッセージ送信を試みたにもかかわらずメールが送信できなかったということを意味します。これは相手のネットワーク環境に問題がある可能性があります。先方もメールが受信できなくて困っているかもしれないので速やかに連絡して確認しましょう。また先方のプロバイダのサポートページに不具合についての情報が無いかチェックしてみるのも1つの方法です。

まとめ

MAILER DAEMONはメール送信が失敗したときに自動でお知らせしてくれるプログラムです。突然の英文メールにスパムメールと間違えて無視してしまう事例も発生していますが、本当に重要なメールが届いていなかったとしたら大変です。

まずはメールに記載されている送信先アドレスをチェックしてどのメールがエラーになったのかを確認し、本文をよく読んで適切な対応を取るようにしてください。