自分の現在のIPアドレスの確認方法

インターネットを使用していると時々IPアドレスというものを目にすることがあります。この番号の羅列は何を意味していてどのように扱えばいいのでしょうか。以下、詳しくご説明します。

IPアドレスとは?

インターネットには非常に多くのパソコンやネットワーク機器・サーバー等が接続されています。そしてIPアドレスはそれらの端末を識別するための番号であると言えます。郵便で物を送る際には送り手の住所と送り先の住所が必要ですが、インターネット上で情報をやりとりする場合は送信先のIPアドレスと受信側のIPアドレスが住所のような役割を果たしているのです。

IPアドレスの種類

IPアドレスは大きく分けるとグローバルIPアドレスとローカルIPアドレスの2種類が存在します。

グローバルIPアドレス

世界中のどの端末とも重複することのない固有の番号です。そしてグローバルIPアドレスが割り振られていなければインターネットに接続することはできません。グローバルIPアドレスは通常プロバイダに契約した時点で割り当てられています。そしてグローバルIPアドレスはさらに動的IPアドレスと静的IPアドレスに分類することができます。

・動的IPアドレス

グローバルIPアドレスは定期的にプロバイダ側が変更を行っています。モデムやルーター等の電源を入れ直すとIPアドレスが変わっていることがあるのですが、実際に変更されているタイミングについてはプロバイダによって異なります。一般的にプロバイダとインターネット接続の契約をしたときにはこの動的アドレスを使用していることになります。

・静的IPアドレス

静的IPアドレスは主に自分でサーバー構築を行う場合などに使用されます。IPアドレスは端末の住所であると例えてみると、外部からの様々な端末の接続要求に応えなければいけないサーバーの住所が変更されてしまったらアクセスできなくなってしまうので困りますよね。そこでサーバー構築を行う際はプロバイダに申し込んで固定値のIPアドレスを取得するのです。

ローカルIPアドレス

プライベートIPアドレスとも呼ばれます。会社や自宅でインターネットに接続する場合、1つのプロバイダ契約で複数のPCを接続させていることも可能です。この場合グローバルIPアドレスは1つなのですが、それぞれの端末を識別するためにルーターがDHCPと呼ばれる機能で自動的にローカルIPアドレスを割り振っています。

IPアドレスの構成

IPアドレスは「192.168.100.17」のように4つの数値がドットで区切られた形で構成されています。そしてIPアドレスは「ネットワーク・アドレス」と「ホスト・アドレス」の2つの部分に分けることができます。

ネットワーク・アドレスはネットワーク全体を表す識別番号であり、ホスト・アドレスはネットワーク内の一つ一つの端末を識別する番号です。またいくつかのネットワークをまとめて1つの大きなネットワークであるとみなす場合はネットワーク・アドレスとホスト・アドレスの間に「サブネットワーク・アドレス」が設けられていることもあります。

そしてIPアドレスはネットワーク・アドレス→ホスト・アドレスの順に表記されていますが、何番目のドットがこれらのアドレスの区切りとなっているかは固定されておらずネットワーク毎に設定をすることができます。

IPアドレスの確認方法

ローカルIPアドレスの確認方法

ローカルIPアドレスはPCのコマンドプロンプトにて調べることができます。コマンドプロンプトはスタートメニューから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」の順にクリックすると表示されます。

002

コマンドプロンプトの真っ黒な画面が表示されたらそのまま"ipconfig"と打ち込んでEnterキーを押すと下記の様に表示されます。端末の種類により表示形式は異なりますが、赤枠で囲まれた部分がローカルIPアドレスです。

003

グローバルIPアドレスの確認方法

グローバルIPアドレスはIPひろばなどのWebサービスを利用して確認する方法が手軽でおすすめです。

001

IPひろばの画面左メニューの「環境変数チェック」→画面中央の「環境変数を表示」をクリックすると、リモートアドレス(IP)の項にグローバルIPアドレスが表示されます。これはWebサイトを閲覧する際に必ずIPアドレスのやり取りが必要になるからであり、この情報をJavaScriptというプログラムで取得してブラウザに自動表示することができます。

まとめ

IPアドレスはインターネットに接続するために欠かせない端末を識別する役割がある番号です。インターネットには膨大な数のPCが接続して様々なやり取りを行っています。インターネットに接続されているPCが取り違えられたりせずに接続できるのはこのような仕組みがあるからです。


イベント