自分のIPアドレスを変更・設定する方法

パソコンでインターネット接続を行う際にはIPアドレスが必須となるのですが、IPアドレスの設定を変更する場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。今回は、自分のIPアドレスを変更・設定する方法をご説明します。

IPアドレスを変更したい状況とは?

パソコンの起動時や使用中、またはIPアドレスを手動で設定しようとした場合に「ネットワーク上の別のシステムと競合するIPアドレスがあります」等のエラーが出ることがあります。

これは家庭内LANや社内LANなどで、既に他の端末で使用されているIPアドレスを割り当てようとした場合に発生します。ネットワーク上でIPアドレスが重複すると正常に通信を行うことができなくなるので、IPアドレスの番号を変更して未使用のものを割り当てる必用があります。

IPアドレスの設定確認方法

IPアドレスを変更する前にまずは現在の設定を確認しましょう。パソコンの「スタート」メニュー→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」と順にクリックし、表示された黒い画面に「ipconfig」と入力してEnterキーを押してください。

名称未設定3

表示された「IP(v4)アドレス」「サブネットマスク」「デフォルトゲートウェイ」をそれぞれメモに取っておきましょう。

IPアドレスを変更する方法

以下、Windows10の場合の設定方法にてご説明します。OSによって設定画面が異なる場合はメーカーにお問い合わせ頂くか説明書をご確認ください。

一般的に会社や家庭などでインターネットに接続する場合はルータなどでDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol:IPアドレスの自動設定)を使用し、パソコンが起動するたびに新しくIPアドレスを割り振っています。

DHCPを使用すると利用者が面倒な設定をしなくて良いというメリットがあります。またIPアドレスは使用時のみ貸し出されている状態になるので、使用されていないIPアドレスを使いまわしすることができ、少ないIPアドレス数で多くの機器をネットワークに接続可能にすることができます。しかし、DHCPの機能を使用せず設定したIPアドレスに変更したい場合は下記の手順で実行します。

IPアドレスを手動で変更する方法

それではIPアドレスを手動で変更する方法をご説明します。

スタートメニューより「コントロールパネル」を開き、「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」→「ネットワークの状態とタスクの表示」→「アダプターの設定の変更」の順にクリックし、LANアダプターが表示されているアイコン(ローカルエリア接続等)を右クリックしてプロパティの画面を開きます。

名称未設定 1

「ネットワーク」のタブより「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」にチェックが入っていることを確認してプロパティを開いてください。

名称未設定2

「次のIPアドレスを使う」にチェックし、「IPアドレス」を先ほど自分のIPアドレスを記録したメモの通りに入力してください。そしてIPアドレスの末尾の数値を他の端末と重複しない値へと変更します。例えば元のIPアドレスが「192.168.0.xxx」だとするとxxxの部分を他の数字に変更するのです。ただし2~199または204~254内の数字にしてください。

例えば、1はルータが使用するなど様々な規則により、IPアドレスは決められているものもあります。また、サブネットマスクを入力する欄がある場合はメモの通りに入力してください。

最後に「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを入れ、優先DNSサーバーにルーターのIPアドレス(デフォルトゲートウェイ)を入力してください。(代替DNSサーバーの入力は不要です。)

OKを押して画面を閉じれば設定完了です。うまく設定が反映されていない場合はパソコンを再起動してみてください。

手動で変更するとIPアドレスが指定した数値で固定値となります。IPアドレスは変更される度にDNSサーバーに設定を行う必要があるのですが、サーバー等はIPアドレスが変更されることは好ましくないため手動で設定する必要があります。IPアドレスは言うなれば端末の住所を表しているものであり、変更されてしまうと他の端末からアクセスできなくなるので、自宅でサーバーを構築するような場合にはIPアドレスを固定値にする必要があります。

IPアドレスを変更する際の注意点

IPアドレスを変更する前に、まず現時点でのIPアドレスおよび設定についてメモを取っておきましょう。どこをどんな風に変更したか確認するのはもちろん、変更を行った後インターネット接続がうまくいかなかった場合に元に戻すことができなくなったら大変です。万が一の事態に備えて、現在の状態に復旧できるようにしておきましょう。

まとめ

IPアドレスは通常DHCPにより適切なものが割り振られているのですが、手動で設定することも可能です。インターネットの使用目的に合わせてIPアドレスを設定し、快適な通信環境を整えましょう。