Google Chromeでのセキュリティ設定

Webサイトの閲覧には、様々な危険が潜んでいます。閲覧するだけでパソコンやパソコン内のデータに危害を加えてしまうようなものから、ファイルやアプリケーションのダウンロードによる危害まで、その危険の種類は様々です。

Google Chromeでは、ユーザーがインターネットを閲覧したり、データをダウンロードする際の危険を回避する為のセキュリティ機能が搭載されており、そのセキュリティの内容は、ユーザーの好みでカスタマイズする事が出来ます。今回は、Google Chromeでのセキュリティの設定についてご紹介します。

Google Chromeでのセキュリティ設定

セキュリティ機能は、デフォルトでオンになっており、一般的な使用で、サイトを閲覧するぐらいであれば、特に問題がないような平均的なセキュリティレベルが適用されています。データをダウンロードしたり、セキュリティレベルを上げておきたい場合は、セキュリティ設定を変更する必要があるので気をつけましょう。

202

Google Chromeで、アドレスバーの右側の横の3本線のアイコンをクリックします。画像の様なメニューが表示されるので設定をクリックしてください。

203

この様な画面が表示されます。下の方に行くと、「詳細設定を表示」のリンクがあるので、クリックします。

スクリーンショット 2016-07-19 10.37.39

プライバシーの項目が表示されるので、ここがプライバシー設定の画面になります。必要なものにチェックを入れて、不要なもののチェックを外して自分の好みにカスタマイズしてください。「危険なサイトからユーザーとデバイスを保護する」のチェックは重要なので外さないようにしましょう。また、トラッキング拒否も有効にしておくのがオススメです。

まとめ

今回はGoogle Chromeでのセキュリティ設定について紹介しました。毎日のようにGoogle Chromeを使うという方は今一度設定を見直してみることをおすすめします。またこれから使おうと考えている方も、あらかじめ設定しておくことで安心してインターネットを使うことができるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。


イベント