右クリックのショートカットメニューを追加する方法

この記事では、右クリックメニューに新規にメニューを追加する方法について説明します。右クリックメニューに新たにメニューを追加するとき、編集ソフトで追加する方法もありますが、ここでは、レジストリを直接編集する方法について説明します。

右クリックメニューとは

右クリックメニューは「コンテキストメニュー」といい、右クリックする場所によってメニュー内容が変わります。このメニューは、Windowsの「Shell(シェル)」というプログラムで制御されています。この「Shell」のファイルシステムに設定することで、右クリックメニューに新たなメニューが追加されます。ファイルシステムの設定は、レジストリで行います。

では、実際に「メモ帳」を例に、右クリックメニューに追加する方法を説明していきます。画面はWindows 10の画面です。

操作手順

1. レジストリエディタを開く。

1. 「Windows」キーを押しながら「R」キーを押す。

2. 「ファイル名を指定して実行」画面の名前欄に「regedit」と入力し、[OK]ボタンを押す。

clickmenyu1

2.レジストリのバックアップをする。

設定に失敗したときに、設定前の状態に戻すことができるので、バックアップは必ず取っておきます。

1. 「Shell」レジストリキーを選ぶ。

レジストリキーとは、Windowsのソフトウェアやハードウェアの設定情報などを記録したデータベース(レジストリ)で、設定情報を分類・整理するための保管場所。

キーには固有の識別名があり、中に別のキー(サブキーと呼ばれる)や値(設定項目の実体)を複数含むことができる。

引用元:IT用語辞典e-レジストリキーとは

2. メニューバーから「ファイル」-「エクスポート」を選ぶ。

clickmenyu2

3. 任意の場所を選び、[ファイル名]欄にファイル名を入力し、[保存]ボタンをクリックする。

3.右クリックメニューを設定する。

1. レジストリキーから「HKEY_CLASSES_ROOT」-「*」-「Shell」を選ぶ。

2. 「Shell」レジストリキーを右クリックし、「新規」-「キー」の順に選ぶ。

clickmenyu3_0

「Shell」レジストリキーーの下に「新しいキー #1」レジストリキーが作られます。

3. レジストリキー名を「メニュー名」にする。

右クリックしたときに出てくるメニュー名です。例では、「メモ帳を開く」としました。

4. 手順3で作成したレジストリキーを右クリックし、「新規」-「キー」の順に選ぶ。

clickmenyu3

「メモ帳を開く」レジストリキーーの下に「新しいキー #1」レジストリキーが作られます。 

5. レジストリキー名を「Command」にする。

6. 作成したメニューのアプリケーションを起動するため、格納場所のパスをコピーする。

今回は例として取り上げた「メモ帳」の場所を指定する方法を説明します。

・いったん、レジストリエディターからはなれて、Windowsのメニューから「アクセサリ」の「メモ帳」を右クリックし、「プロパティ」を選ぶ。

・「メモ帳のプロパティ」画面の[ファイルの場所を開く]ボタンをクリックする。clickmenyu4

・メモ帳の実行ファイル(notepad.exe)を「Shift」キーを押しながら右クリックする。表示された一覧から「パスのコピー」を選ぶ。この操作で、アプリケーションのフルパス名がコピーされます。

clickmenyu5

7. 手順5で作成した「command」レジストリキーをクリックする。

8. レジストリキーの中にあるサブキー「(規定)」を選び、メニューバーから「編集」-「修正」を選ぶ。

clickmenyu6

9. 「文字列の編集」画面の「値のデータ」欄に「Ctrl」キーを押しながら「V」キーを押し、アプリケーションのフルパスを貼り付ける。

clickmenyu7

手順6でコピーしたパスが設定されます。

10. アプリケーションフルパスの後に、半角スペースをあけて「”%1”」を入力し、[OK]ボタンを押す。

clickmenyu8

”%1”は、アプリケーションを実行する際に、ファイルを呼び出すという指定です。

4. 実際に右クリックでショートカットメニューが表示されているか確認する。

clickmenyu9

確認する際、パソコンの再起動は必要ありません。これで、設定は完了です。

設定がうまくいかなかったら

操作手順どおりに操作して、うまくいかなかったときは、操作手順の手順2で作成したレジストリのバックアップを使って、操作する前の状態に戻し、再度設定してみてください。

レジストリの戻す手順を説明していきます。

1. レジストリエディターを開く。

開き方は、操作手順の手順1を参照してください。

2. メニューバーから「ファイル」-「インポート」を選ぶ。

clickmenyu10

3. 「レジストリ インポートファイル」画面でバックアップを保存した場所を指定し、バックアップファイルを選び、[開く]ボタンをクリックします。

まとめ

今回は、レジストリを編集して、右クリックメニューに追加する方法を紹介しました。例で取り上げた「メモ帳を開く」を自分の好きなアプリケーションに置き換えて、メニューが追加できます。ぜひ活用してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square