カメラ360で撮った写真を自動保存する方法

カメラ360は、肌の質感を綺麗にして撮影したり、おしゃれなフィルタが多数あるので自撮り撮影を行う方に人気です。おそらく多くのユーザーが、撮影し編集した画像をそのつど保存をしているかと思います。しかし、多くのフィルタを切り替えて保存したいと思っている方にとってはちょっと面倒なのではないでしょうか。

実は、カメラ360には「撮影した写真を自動保存する」という設定があります。この機能をオンにしておけば撮影した写真が自動的に保存されるようになります。今回はカメラ360で撮った写真を自動保存する方法についてご紹介します。

カメラ360で撮影した写真を自動保存する設定方法

IMG_2829

まず、カメラ360を開きホーム画面を表示させます。この際にカメラを選択するのではなく左上の「ログイン」をタップしましょう。ログインとは書かれていますが、自動保存をする設定にログインをしなくてはならないわけではありません。

IMG_2830

ログイン設定画面の中の下から3番目にある「設定」をタップし次に進みます。

IMG_2831

設定画面の中から「写真の保存設定」をタップして選択します。

IMG_2832

写真の保存設定画面の中の「自撮りを自動保存」という欄のボタンをタップしてオン(緑色にする)にしましょう。これで自動保存の設定が完了しました。

まとめ

写真の自動保存機能は、デフォルトではオフになっています。というのも、この機能をオンにすると編集した写真が全て保存されるため、編集した写真を誤って保存前に削除してしまうことはなくなりますが、次々に保存されるため不必要な編集の写真も保存されるという点もあります。

どちらが使い勝手が良いかというのは、ユーザーによって異なりますので一度設定を変更してみて使ってみてください。しばらく使ってみてから使い勝手の良い方法を選んで設定をし直すと良いでしょう。