Webデザイナーがこの夏入れておきたいChrome拡張機能10選

UX MILK編集部

モノづくりのヒントになるような記事をお届けします。

仕事でもプライベートでも、ブラウザを使う比重はどんどん増えていませんか? サイト閲覧はもちろん、メールやチャットツールなど、ブラウザベースのものばかりです。Google ChromeやFirefoxの拡張機能なども日に日に進化しており、ブラウザ主体となった私たちの生活のかゆいところに手を伸ばしたアプリが次々と出ています。

今回はGoogle Chromeのおすすめ拡張機能の中でも特にこの夏話題の物を中心にご紹介していきたいと思います。Webデザインや開発などに関わるクリエイター目線で、仕事に便利なものを中心にピックアップしていきます。

Fontface Ninja

chromeext_01

Chromeに追加:Fontface Ninja

Webサイトで使われているWebフォントの種類とフォントサイズなどがマウスオーバーで表示されます。日本語は表示対応していなさそうですが、かっこいい英語フォントなどの名前がすぐわかるので、特にWebデザイナーにとっては入れておいて損はないでしょう。

Marker - Screenshots for Slack, Trello, Jira

chromeext_02

Chromeに追加:Marker - Screenshots for Slack, Trello, Jira

スクリーンショットを撮って、矢印やコメントを即座に書き込み、TrelloやGitHub、Slackなどにすぐさま共有できます。取ったスクリーンショットにすぐさまメモできるのが便利です。

Grammarly for Chrome

chromeext_03

Chromeに追加:Grammarly for Chrome

ブラウザのテキストエリアの右下に緑のアイコンが現れ、Wordなどのように随時文法やスペルのチェックを行ってくれます。英語のみ対応ですが、スペル間違いなどを未然に防げるかもしれません。

追記:GrammarlyはスタンドアローンのテキストエディタやWeb版のエディタなど、いろいろなバージョンが存在するようです。詳しくは公式サイトを御覧ください。

OneTab

chromeext_04

Chromeに追加:OneTab

ウィンドウ内に開いているタブを閉じ、一枚のHTMLにリンク化してまとめます。まとめたものは再度開き直すことも可能です。開いているタブを全てテキストリンク化したい時なども使えそうです。

Openvid - Screen, Mic and Camera Recorder

chromeext_05

Chromeに追加:Openvid - Screen, Mic and Camera Recorder

ブラウザ内の表示領域を即座に動画録画できます。ウェブカメラなどがあれば左下のワイプに自分の姿を同時に録画できます。動画は専用ページにmp4として保存されます。

Smart Tab Mute

chromeext_06

Chromeに追加:Smart Tab Mute

複数タブにて音声が出ている場合、メインで開いているタブ以外の音をミュートしてくれます。メインのタブでの再生を止めると、その直前で鳴っていた音声が再開します。作業用BGMなどをブラウザで流している人などは重宝するはずです。

Typosaur.us

chromeext_07

Chromeに追加:Typosaur.us

開いているWebサイトのスペルチェックを行ってくれます。英語表記が多い担当サイトなどで、定期的に走らせるといいかもしれません。

PanicButton

chromeext_08

Chromeに追加:PanicButton

開いているタブをワンクリックで全て隠してしまいます。再度押すことで全てのタブが復帰します。仕事中に都合悪いタブを隠すのにもってこいです。

Web and PDF Highlighter for Desktop/Mobile

chromeext_09

Chromeに追加:Web and PDF Highlighter for Desktop/Mobile

WebページやPDFのテキストを蛍光ペンのようにハイライトできます。「~」を押すとマーカーを引くことができ、引いたものはMediumのような専用のページに全てストックされていきます。記事を共有したいときなど便利です。

Giphy for Chrome

chromeext_10

Chromeに追加:Giphy for Chrome

アニメGIFのストックサイトGiphyの画像を探し、リンクを表示します。Giphyに対応していないメッセージング系のサービスなどで使用すると和むかもしれません。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)