写真アニメーションアプリLumyer(ルミヤー)とは?

最近、動くスタンプや自撮りをおもしろく加工するアプリが流行っています。サラサラになびく髪の毛をまとった動物たちのアニメーションを見たことありませんか?

TwitterやFacebook、Instagramで突如サラサラの髪の毛を持った動物たちの動画が溢れたのは実は「Lumyer(ルミヤー)」というアプリが原因です。

今回は、面白い動画を作れるアプリ「Lumyer」がどういったアプリなのかをご紹介致します。

Lumyerはアニメーション作成アプリ

IMG_2877

Lumyerは、写真に様々なビデオエフェクトをつけておもしろいアニメーションを作成するアプリです。難しい操作は一切なく、ひとつずつメニュー通りに作るだけでちょっとかわったアニメーションを作成することが可能です。

対象は人だけではない

最近はやっているアプリは、自撮りにアニメーションステッカーを貼り付けて楽しむというアプリが多いのですがこれらは撮影対象が人間でなくてはいけないものがほとんどです。というのも、撮影対象の顔を自動認識して目や鼻、口の位置に合わせてアインメーションステッカーを貼ることが出来る為です。

しかし、この方法ですと残念ながら犬や猫などのペットではアニメーションを作ることが出来ません。

Lumyerでは自動で顔を認識してアニメーションステッカーが貼られるのではなく、撮影した写真に後からアニメーションエフェクトを貼りつけます。そのため、位置や大きさは自由に変えることが出来ます。つまり撮影対象は人間でなくても問題がないのです。

その為、人間のサラサラの髪の毛をペットにつけておもしろい動画を作り、それを見た人が自分も作ってみようとどんどんと広まっていったと言えるでしょう。

動画ではなく写真だから簡単

Lumyerが流行った要因のひとつとして、「写真を動かすことが出来る」と言うことが言えます。

前述したように、最近流行っているアプリは自撮りをする際にアニメーションステッカーを貼り付けておもしろく撮影をするというアプリがほとんどです。つまり、動画を撮影するものが多く写真から動くステッカーをつけるというものはありませんでした。

写真ならばスタンプを付けることが出来るけれども動きのあるアニメーションは作ることが出来ません。アニメーションステッカーを使うものは動画を撮影しなくてはなりません。

写真は撮影することが多いけれども、動画を撮影することはあまりないという方のが多いのでしょう。しかし、Lumyerでは写真に対してアニメーションステッカーを貼りつけることが出来るので、写真から動きのあるアニメーションを作成できます。

この動画ではなく写真で良いというところが簡単に思え、流行った要因なのではないでしょうか。

まとめ

今回は、簡単アニメーション作成アプリLumyerについてご紹介致しました。面白いアニメーションを作成することも出来ますが、紙吹雪やキラキラとしたエフェクトを付けることも出来るのでペットがいない方でも是非一度試してみてください。