Lumyer(ルミヤー)で新しいエフェクトを追加する方法

おもしろアニメーション作成アプリ「Lumyer(ルミヤー)」では、エフェクトを写真に追加することでちょっと笑ってしまうアニメーションを簡単に作ることが出来ます。

しかし、元々入っているエフェクトというのは10種類程度。ちょっと少ないと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

Lumyerのエフェクトは、追加することが可能です。今回は、Lumyerで新しいエフェクトを追加する方法をご紹介致します。

Lumyerのエフェクト追加方法

1. Fxボタンから追加する

IMG_2942

Lumyerを起動して最初の画面で左下にある「Fx」ボタンをタップしましょう。こちらがエフェクトの一覧を表示させるボタンになります。

IMG_2943

ダウンロード前にどんなエフェクトかを確認するために、「アイコンか名前」をタップしましょう。

IMG_2945

すると、写真に追加した時に現れるアニメーションが表示されます。このエフェクトが気に入った人は下部にある「これも好きかも」の下にある色がついている文字(例:Animal-Birdsなど)をタップするとそのエフェクトを見ることが出来ます。

エフェクトの確認が出来たら、左上の「<」ボタンを押して前の画面に戻りましょう。

IMG_2947

気に入ったエフェクトは「ダウンロード」ボタンをタップすることでダウンロードが開始されます。

IMG_2946

すでにダウンロードされているエフェクトについては「ダウンロード済」と表示されます。人気のエフェクトはほとんどがデフォルトでダウンロードされているようです。

IMG_2948

写真を加工する画面にいくと、先程ダウンロードしたエフェクトが追加されています。

2. 加工途中に追加する

IMG_2949

もうひとつの方法として、写真を選択してからエフェクトを追加する方法があります。エフェクト選択画面で一番右までスワイプしてみてください。

「Fx+全部見る」というボタンがありますのでこちらをタップしましょう。

IMG_2950

すると、上記画像の様にエフェクト一覧画面が表示されます。加工を途中まで進めてしまっていてエフェクトを追加したい場合はこちらから行うと今までの加工が無駄にならないので良いでしょう。

まとめ

Lumyerのエフェクトの追加方法は以上になります。加工途中での追加は、カテゴリ別にはなっていなく一覧で表示されてしまうので少し探すのが大変かもしれません。

「Fxボタンから追加」する方法の場合、各カテゴリで見ることが出来ますのでまだ加工に進んでいない場合はこちらから見る方が見やすいでしょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)