Keynoteとは?

Macを使う多くのユーザーが、提案書や企画書などを作る際に使っているのが、「Keynote」というプレゼンツールです。Steve JobsMacWorldなどの基調講演で使っていたのが、このKeynoteです。

Windowsでのプレゼンツールは、PowerPointが定番ですが、Keynoteはきれいでシンプルなデザイン、かっこいいアニメーションが評判で、これを使いたいがためにMacを買う人もいるほどです。

08_Keynoteとは

直感的な操作でインパクトのあるスライドが作れる

KeynoteはPowerPointに比べて、機能は少ないですが、初心者には充分なほど備わっており、デザインが優れています。多くの優れたデザインのテーマ(テンプレート)が用意されているので、誰でも美しい資料を作成できるのが最大の特長です。

03_Keynoteとは

テーマは、あらかじめ背景やテキストの色、グラデーション、サイズなどが設定されているので、デザイナーでなくとも、この設定に沿って文字や写真を配置していけばインパクトのあるプレゼン資料を作れます。

06_Keynoteとは

機動性の高さ

KeynoteはMacだけでなく、iPadやiPhone、iPod touchでも使える事が出来るため、非常に便利なアプリです。

01_Keynoteとは

MacのKeynoteで作成したプレゼン資料を、iCloud(Appleのクラウドサービス)で共有して、iPhoneやiPadで再生できます。もちろん、iPhone/iPad版のKeynoteは、操作性も最適化されているので、小さな画面でもストレスなく文字入力や写真の貼り付けなどができます。

プレゼンの場所で、手直しするところが出てきても、iPhoneやiPadで修正してから、プレゼンすることも難なくこなせます。

まとめ

ビジネスシーンで利用されるプレゼンテーション作成アプリとしては、MicrosoftのPowerPointが定番ですが、このKeynoteは、シンプルで直感的な操作と美しいデザインテーマで、クールなプレゼン資料が作れます。皆さんもKeynoteをぜひ体験してみてください。