Google Chromeの32bit版と64bit版の違い

最近ではOSが64bitは当たり前になってきましたが、ソフトウェアが64bitのものを使ってるかどうか気にせず使っている人も多いのではないでしょうか? 32bitのソフトウェアでも問題なく動いていれば、気づかないこともあるでしょうし、動くならいいやと思う人もいるでしょう。

しかし、せっかく64bitのソフトウェアもあってOSも64bitなのに、32bitのソフトウェアを使って低いパフォーマンスの環境を利用しているとしたらもったいないですよね。今回は、GoogleChromeでの32bit版と64bit版の違いについてご紹介します。

Google Chromeの32bit版と64bit版の違い

ユーザーが体感する大きな違いに、速度の速さがあります。32bit版を使い続けていてGoogleChromeでの動作が重いと感じているユーザーが、64bit版に切り替えたところ、動作が劇的に速くなったという報告をよくみかけます。

なぜこのような違いが生じるのでしょうか。実は、32bit版はエミュレーションを使ってプログラムを実行しており、対して64bit版はネイティブでプログラムを実行しているので、ここに動作の速さの誤差が生まれるのではないかと考えられます。

また、もちろんですが、どちらか片方にしか対応していないアプリケーションは、対応している方でしか使うことができません。ただ、現在では多くのOSやアプリケーションが64bit環境を前提に作られているので、今一度自分のGoogleChromeのバージョンや、アプリケーションのバージョンを確認してみてはいかがでしょうか?