MITがメガネなしで3D映像を視聴可能なスクリーンを開発

MIT(マサチューセッツ工科大学)とワイツマン科学研究所は、メガネなしで立体映像を見ることができる新しい3Dスクリーンのプロトタイプ「Cinema 3D」を開発したことを発表しました。

メガネなしで3D立体映像を見ることできるCinema 3D

Cinema 3Dは、映画館のどのシートからでもメガネなしで立体映像を見ることができるものです。

映画館に特殊なレンズとミラーを設置し、左眼と右眼の視差を利用するパララックスバリア(parallax barrier)と呼ばれる方式により立体映像を実現しています。

以下は、Cinema 3Dのコンセプトを説明した動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=p8FFpim546Q

MIT教授によるコメント

今回の発表に関して、MITのWojciech Matusik教授は以下のようにコメントしています。

「既存のメガネなしの3D映像を実現するためのアプローチは、非常に高い解像度を持つスクリーンを必要とするもので実用的ではありませんでした。今回開発したスクリーンは、巨大なスクリーンにおけるメガネなしの3D映像を実現するための最初の技術的アプローチとなるでしょう。」

将来は3D映像の広告での利用も

現在のところCinema 3Dは実用段階に至ってはいませんが、理論上は大きな看板広告や店頭ディスプレイにも採用できるそうです。どの角度・位置からもメガネなしで3D映像を見ることができるという技術的ポイントは、動画広告にとって大きなメリットとなると考えられます。

研究チームは、今週アメリカ・カリフォルニア州で開発されるコンピュータグラフィックスのカンファレンスSIGGRAPHで研究内容を発表することを予定しています。