iTunesでiPhoneやiPadとWi-Fi同期をする方法

iTunesはiPhone/iPadなどと同期をとる際に、Wi-Fiを使うことができます。コードでつながなくていいので、使えると便利です。今回は、iTunesでiPhoneやiPadとWi-Fi同期をする方についてご説明します。

Wi-Fi同期の設定方法

まだWi-Fi同期の設定をしていないiPhoneをUSBケーブルでつなぎます。すると、次の図のようなiPhoneアイコンが表示されます。このアイコンをクリックすると、iTunesのiPhone設定画面になります。

screen_capture 2016-08-05 15.10.51

設定画面の下の方にオプションという部分があります(下図)。ここにWi-Fi同期の設定があります。「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」というチェックボックスをONにします。そして、この設定を右下にある「完了」ボタンで記憶させます。これでWi-Fi経由での同期ができるようになります。

screen_capture 2016-08-03 16.47.59

まとめ

Wi-Fi経由でできるのは、バックアップや同期、音楽の入れ替えなどです。できないのは、バックアップからの復元や、ソフトウェアのアップデート・復元です。これらをするためにはUSBケーブルでつないで行う必要があります。

また、USBケーブルでつないだときよりも、若干時間がかかります。動画を入れたり、音楽を入れ替えたりするのはできますが、時間がかかります。また、ある程度コンピュータと近いところでないとiTunesがiPhoneを見失ってしまうこともありますので、できるだけ近いところで同期させましょう。

ケーブルレスで同期するのは便利ですので、ぜひ設定してWi-Fi同期をしましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square

購読

平日・毎朝更新中