iTunesコードとは? 購入方法と使い方

iTunesコードは、クレジットカードでの決済ではなく、現金で決済できる便利な方法です。コンビニや家電量販店、Appleストアなどで購入できます。今回は、その購入方法と使い方についてご説明します。

iTunesカード(コード)について

購入方法

下の画像は、1,500円のiTunesカードです。コンビニ、家電量販店、iPhoneを取り扱っているdocomo、au、SoftBank の各販売店、スーパー(西友・ダイエー・イオン他)などで購入できます。

image1608031659

種類としては、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円の定額4種類。そして、1,500円〜50,000円までの任意の金額を設定できるバリアブルカードがあります。また、カードがないiTunesコードだけの販売もあります。

使用方法

カードは、レジを通ると効力が発揮されるようになっており、カードの裏面(カードが台紙にくっついているのでそれを剥がした面)にXで始まる16桁の番号が隠れています。コインなどで削るようになっています。

image1608031700

この番号部分をパソコンで入力するか、iPhoneの「iTunes Store」アプリで写真を撮って入力します。額面金額(バリアブルカードは購入金額)がそっくりiTunesに登録され、音楽などiTunesで売っているものや、iCloudの拡張容量オプションなどで使うことができるようになります。

まとめ

クレジットカードを使わずに、iTunesで買い物ができるので便利です。ときどき、割引販売や購入金額よりも割り増しのコードがもらえる特売をやったりしていますので、上手に利用すればお得です。なお、コンテンツコードと言って、特定のコンテンツをダウンロードできるようになるコードが配布されることがあります。iTunesカード(コード)を上手に使って、快適なiTunesライフを送りましょう。