iTunes Storeに接続できないときの対処法

iTunes Storeに接続できないとき、どうすればいいでしょう。考えられる対策と原因も含めて、今回はiTunes Storeに接続できないときの対処法をご紹介します。

iTunes Storeに接続できないとき

インターネット接続に問題がある場合

一番多いと思われるのは、インターネット接続がうまくいっていないときです。他のブラウザで任意のホームページを見てみて、閲覧できなくなっている場合はインターネット接続の問題です。PCに問題がある場合と、そもそもプロバイダに問題がある場合などがありますので、問い合わせてみましょう。

iTunes Storeに問題が生じている場合

Appleのサービスに問題が出ている場合も考えられます。その場合、「Apple - サポート - システム状況」というページを見てみましょう。このページはサービス・ステータスを表示するページです。下図の赤線がiTunes Storeになります。ここが緑ではなく赤になっている場合は、iTunes Storeに問題が生じている場合です。

screen_capture 2016-08-07 12.37.26

この場合、Appleに問い合わせるか、しばらく待ってから再度アクセスしてみましょう。

プロキシが原因となっている場合

システムに備わっているプロキシが邪魔をしてアクセスできなくなっている場合があります。プロキシは極力切った状態でアクセスしてみましょう。

ファイアウォールに問題がある場合

プロキシ同様、システムのファイアーウォールが問題の原因になっている場合があります。iTunes Storeとの接続がうまくいかないときには、一度ファイアーウォールを切った状態でアクセスしてみましょう。

システムもしくはiTunesが古い場合

iTunesは基本的に最新版を使いましょう。あまりに古いバージョンの場合、アクセスできない場合があります。最新バージョンを確認し、最新版にアップデートしてからアクセスしてみましょう。

AppleIDが原因となっている場合

iTunes Storeはアクセスの際に、AppleIDを確認しますが、AppleIDに異常が生じている場合、iTunes Storeにうまく接続できなくなる場合があります。「Apple ID を管理」にアクセス・ログインしてAppleIDが正常であることを確認しましょう。もし異常がある場合は、Appleに問い合わせましょう。

まとめ

このほかに、iTunesそのものにトラブルがある場合があります。その場合は、iTunesの再インストールを考えてみましょう。原因がさまざま考えられるだけに、対処法もさまざまあります。どうしても解決しない場合は、「お問い合わせ - Apple サポート 公式サイト」に連絡してみましょう。