iTunesの楽曲に歌詞を設定して表示する方法

iTunesには楽曲の歌詞を登録し、iPhoneに表示させる機能があります。ここでは楽曲への登録方法とiPhoneでの表示方法についてご説明します。

楽曲に歌詞を設定する

iTunesでの設定方法

まずは、楽曲をライブラリから選択し、「編集>情報を見る...」もしくはCommand+Iで楽曲の情報を表示します。情報ウィンドウに、歌詞というタブがあります。このタブを開いて、このように歌詞を埋め込みます。

screen_capture 2016-08-03 16.18.47

歌詞は、自分で歌詞カードから入力します。歌詞を自動的に設定するソフトもありますので、そのようなソフトウェアも探してみてください。

iPhoneでの表示のさせ方

iPhoneのミュージックアプリで歌詞を埋め込んだ楽曲を再生しているとき、アートワークを表示させます。アートワークは、再生中のコントローラー部分を下から上にスワイプすると現れます。そのアートワークをクリックするとこのように歌詞が現れます。

IMG_0001-1

まとめ

歌詞には著作権が存在します。個人が、楽しむ範囲での利用は認められていますが、それを逸脱する使い方は著作権法に違反します。歌詞を提供しているホームページはいくつかありますが、正式に歌詞の使用を認められているホームページとそうでないものがあります。正式に使用を認められているホームページの多くは、再利用ができないようにコピーペーストをできないようにしているところが多いです。

iTunesの歌詞埋め込みや、iPhoneでの表示は、個人として楽しむ分にはOKですが、大きなスクリーンに映し出してみんなで共有するというような使い方はNGです。注意して楽しみましょう。