iTunesでiPhoneなどのバックアップを復元する方法

iTunesを使って、iPhone/iPad/iPod touchなどをバックアップし、調子が悪くなったときに復元することができます。今回は、iTunesでiPhoneなどのバックアップを復元する方法をご紹介します。

復元の方法

前準備

バックアップを復元する前にやっておくことがあります。一つ目は、iPhoneなどの設定にある、「iPhoneを探す」をOFFにすることです。

IMG_0756

iPhoneの「設定」>「iCloud」>「iPhoneを探す」の順に進んでいきます。このとき、iCloudのパスワードが必要になりますので、用意しておいて下さい。

二つ目は、iPhoneをMacPCにケーブルで接続します。バックアップはWi-Fiでもできるのですが、復元はケーブル接続でなければできません。

これで準備は完了です。実際に復元してみましょう。

復元する

iPhoneをPCに接続すると、iTunesの左上の方にiPhoneのアイコンが出てきます。これをクリックし、出てくる画面の次の部分に注目して下さい。

screen_capture 2016-08-01 15.29.42

「バックアップを復元」とあります。これをクリックします。

screen_capture 2016-08-01 15.47.07

準備ができていれば(「iPhoneを探す」をOFFにしてケーブルでつないでいれば)、この様なダイアログが出てきます。ここでは、最新のバックアップが表示されていますが、プルダウンメニューで昔のバックアップを選択することができます。

復元ポイントを指定してから「復元」ボタンを押せば、復元が始まります。少し時間がかかりますので、ケーブルを抜いたりしないようにして待ちましょう。

まとめ

復元中にケーブルを抜いたりすると、最悪の場合iPhoneが起動しなくなります。復元には2時間前後かかってしまう場合もあります。多少手間はかかりますが、ぜひこの復元方法を試してみてください。このようなときのために、バックアップはこまめにとっておくことをおすすめします。


イベント