iTunesの楽曲ライブラリを任意のフォルダに設定する方法

iTunesの楽曲は、通常ミュージック・フォルダに収められています。しかし、システムハードディスクの容量が残り少なくなってきたり、ミュージック・フォルダ以外の場所に楽曲を収めたいという場合、楽曲ライブラリを別の場所に移すことができるようになっています。今回は、iTunesの楽曲ライブラリを別の場所に設定する方法についてご説明します。

楽曲ライブラリを別のフォルダに設定する方法

設定を変更する

screen_capture 2016-07-28 18.41.44

iTunes>環境設定...>詳細の順に進んでいきます。上図の赤い四角で囲ったところが、現在のiTunes Media フォルダの場所になります。「変更...」をクリックすることで、自分の好きな場所にiTunes Mediaフォルダを移すことができます。ハードディスクをまたいで設定することもできますので、自分の好きな場所に設定して下さい。

オプションを設定する

上の図で、赤い下線を引いたところが2カ所あります。このオプションについて説明します。

1. "iTunes Media" フォルダを整理

チェックを入れておくと、iTunes Mediaフォルダの中を整理してくれるオプションです。

screen_capture 2016-07-28 19.38.34

iTunes Mediaフォルダの位置を変更して、このチェックを入れておくと上の図のようなアラートが出てきます。ここで、「はい」を選択すると、新しいフォルダにそれまであった古いフォルダからデータを移動してくれます。便利な機能なのでオススメですが、曲数が多いとそれなりに時間がかかりますので、注意しましょう。

2.ライブラリへの追加時にファイルを"iTunes Media"フォルダにコピーする

このオプションにチェックを入れておかないと、MP3ファイルなどを登録する際に、iTunes Mediaフォルダにコピーしてくれません(もともとあった場所で登録される)。チェックを入れておくことをオススメします。

まとめ

もともとあった場所と違うハードディスクなどに撮した場合は、整理するオプションを有効にしてあれば、もともとあった場所に残っている曲ファイルは削除してもOKです。

楽曲のフォルダは簡単に変更できることがわかったでしょうか。ミュージック・フォルダには、iTunesというフォルダが残ります。この中には、ライブラリ管理ファイルなどが残りますので、捨ててしまわないように注意して下さい。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)