Googleマップが配色・タイポグラフィを刷新しより見やすく

GoogleはGoogleマップのデザインを刷新したことを7月25日(現地時間)に発表しました。

今回の変更では、道路の線を排すことでよりクリーンなデザインになったほか、配色やタイポグラフィなども変更されています。

よりクリーンなデザインに

Googleマップチームのリリースより

Googleマップチームのリリースより

デザインの刷新により、道路の輪郭線などの不要な要素が排除され、よりすっきりとしたクリーンな見た目となりました。

さらに、ストリート名や交通機関名のタイポグラフィが変更され、ほかの地図上の要素と区別しやすくなっています。

人気スポットがオレンジで表示されるように

Googleマップチームのリリースより

Googleマップチームのリリースより

また今回の変更にともないローカル情報の表示方法も刷新され、多くのアクティビティやレストラン・バーなどが存在する地域がオレンジで表示されるようになりました。このオレンジ色の地域は、拡大することでさらに詳細な情報が表示されるようになっています。

この機能は、旅行の時や初めての場所でどこに行こうか迷った時に特に役立つものになりそうです。

配色の変更

Googleマップチームのリリースより

Googleマップチームのリリースより

新しいマップでは新しいカラースキームが採用され、ビルなどが密集する地域か、自然が多い地域かを色によって判別することができるようになっています。また、病院や学校、高速道路などはよりわかりやすい色で表示されています。

これらの変更は、ユーザーとして便利であるのはもちろんのこと、デザインやUXという観点からも興味深いものとなっています。

まだ、日本ではオレンジで表示されている地域はなさそうですが、今後適用されていくでしょう。


イベント