コピーのショートカット「CTRL + C」

パソコンのショートカットキーは非常に便利なコマンドで、時間短縮にもなるので覚えておいた方が良いものがいくつかあります。その中でも「CTRL + C」は、一番最初に覚えたという方がもっとも多いショートカットキーかもしれません。今回は、多くのソフトで使うことの出来る「CTRL + C」についてご紹介します。

CTRL + Cはどんなソフトでも使える便利なコマンド

2016-07-27_21h17_41

例えば、GoogleChromeで表示したサイトの一部をコピーしたい場合、文字をドラッグして色を反転させます。ここで「右クリック」をするといくつかのメニューが表れて「コピー」を選択することで文字をコピーすることができます。

この時に使えるショートカットコマンドが「CTRL + C」です。よく使うコマンドで押しやすい位置にキーがあるので慣れてくれば流れるように押すことができるでしょう。

このコマンドが使えるソフトは多く、ExcelやWord、illustratorやPhotoshopなど文字だけではなく画像でもコピーをすることができます。

その他ショートカットコマンドについて

Windowsでよく使われるその他のコマンドについては以下の記事にて紹介しておりますので参考にしてみてください。

・強制終了・再起動のショートカット「CTRL + ALT + DEL」の記事はこちらから。

・元に戻すショートカット「CTRL + Z」の記事はこちらから。

・ページ更新のショートカット「CTRL + F5」の記事はこちらから。

・検索のショートカット「CTRL + F」の記事はこちらから。

・ショートカット「CTRL + D」の記事はこちらから。

・保存をするショートカット「CTRL + S」の記事はこちらから。

・ファイルなどを閉じるショートカット「CTRL + W」の記事はこちらから。

・全選択するショートカット「CTRL + A」の記事はこちらから。

まとめ

記事内にも記載しましたが、「CTRL + C」についてはほとんどのソフトで使用することができるショートカットコマンドです。時間短縮にもつながりますので、ぜひ便利なコマンドとして使っていきましょう。


イベント