Docker for Mac / Windows がベータ版から正式版に

Docker for Mac/Windows の正式版が Docker 公式ブログで7月28日(現地時間)に発表されました。

今後は、新機能とバグフィックスがいち早く取り込まれるベータ版(Beta)と正式版(Stable)の2つがリリースされていくそうです。

Docker for Mac/Windows の変更点

今回のアップデートは以下の変更を含みます。

高速化と安定化
ハイパーバイザ (hypervisor) を使った VirtualBox を必要としないネイティブの開発環境。

Docker Toolbox との統合の改善
ローカルでの開発に必要なツールは全て組み込まれています。

開発フローの改善
ローカル上で起動中のコンテナへよりアクセスしやすくなります。また、コンテナ内でのサポートされた IDE を使ったデバッグができます。

企業向けサポート
Docker for Mac/Windows は VPN でも簡単に動作するようになりました。

また、これらの新しい機能は、 Docker Engine 1.12. から利用可能となっています。

「Docker for Mac/Windows のゴールはシンプルです。開発マシンで Docker を使うための最も簡単な方法を作ることです。」と公式ブログにあるように、細かい部分も修正が加えられさらに便利になりました。


購読

平日・毎朝更新中