iCloudでiPhone/iPadのバックアップができないときの対処法

iPhoneやiPadを使用している多くの人が、iCloudを利用していると思います。iCloudの大きな機能の一つとして、バックアップ機能があります。パソコンや他の端末とiCloudを通じて同期している場合、バックアップが取れないと非常に不便です。今回は、iPhoneやiPadでiCloudを利用してバックアップが利用できない場合の、対処法についてご紹介します。

iCloudでiPhone/iPadのバックアップができないときの対処法

バックアップがうまくいかない場合に考えられる原因はいくつかあります。それぞれ対処法が異なるので、考えられるものから試してみてください。

iCloudの容量が足りない場合

iCloudの容量より、バックアップを取ろうとしているデータが大きい場合、バックアップを取ることはできません。バックアップするデータの容量を減らすか、iCloudの容量を増やす必要があります。容量に問題がある場合英語で警告メッセージが出る場合があります。

デバイスが復元中というような警告が表示される場合

処理が終わるまで、無理に何かをすると危険なので、安定したネットワーク環境で、処理が終わるのを待ちましょう。データの通信速度によって処理が終わる時間が変わるので、Wi-Fi環境においておくことをお勧めします。

その他の警告メッセージが表示される場合

一度デバイスのiCloudの設定から、アカウントをサインアウトしてサインインしてみると、症状が改善される場合も有ります。


イベント