iCloudの容量不足の際にできること

iPadやiPhoneを使っている多くの人がiCloudを利用していると思います。バックアップも取ることができて非常に便利なiCloudですが、容量には限度があり、いろいろな用途で使用しているとすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

最初から使える無料の容量は5GBまでです。よく写真を撮る人が写真もバックアップを取ってしまっていたらすぐにいっぱいになってしまう容量です。今回は、iCloudが容量不足になってしまった場合にできることをご紹介します。

iCloudの容量不足の際にできること

ストレージプランを変更する

一番手っ取り早い方法がこれです。デフォルトでは、無料の5GBまでのプランになっていますが、月額料金を支払うことで、容量を購入することができます。有料プランは3種類で、50GB 130円、200GB 400円、1TB 1,300円があります。プランは変更になる場合があるので、必ず購入前に公式で確認してください

バックアップを取る内容を厳選する

月額払うのはちょっと勿体ないと思う人は、本当に重要なデータだけをバックアップするように設定を変更しておきましょう。特に容量を消費するのが画像なので、画像はパソコンで手動でバックアップを取るように切り替えると良いかもしれません。画像の中でも重要なデータは、別のクラウドサービスで一時的に保管するなどの方法もオススメです。

フォトストリームを利用する

フォトストリームの設定をしておいて、パソコンなどに容量を取る画像のデータは転送できるようにしておくのもオススメです。


イベント