「iCloudストレージがいっぱいです」と出たときの対処法

iPhoneや、iPadなどを利用している多くの人がiCloudを利用していると思います。iCloudの一番便利な機能は、パソコンに繋ぐことなくバックアップを取ることが可能なことです。しかし、iCloudで利用出来る容量には制限があります。

デフォルトでは無料で5GBまでの容量が使用できるようになっています。しかし、写真などのデータをたくさん使う人ではすぐにいっぱいになってしまいます。今回は、iCloudストレージがいっぱいという警告が(Not enough strageのような英文の場合もあります)出た場合の対処法をご紹介します。

「iCloudストレージがいっぱいです」と出たときの対処法

バックアップを取る内容を見直す

ストレージがいっぱいということは、iCloudで利用出来る容量に対して、自分がバックアップしようとしているもののデータの方が大きいということです。容量に収まる大きさにバックアップのサイズを調整すれば症状は改善されます。多くの場合、容量を圧迫してしまっているのは写真のデータです。写真のバックアップはiCloudで取らないように設定を変えるのが一番良いと思います。

ストレージの容量を増やす

バックアップを分割で色んなところに保管したり、手動でパソコンでやるのは面倒、いらないデータなんてない、という人は、ストレージの容量を月額料金を支払って購入してしまう方が一番簡単でしょう。有料プランには3種類あり、50GB 200円、200GB 400円、1TB 1,300円の中から好きな容量を購入することができます。自分がバックアップをとりたい容量より多いプランに変更すれば、症状は改善されるでしょう。


イベント