Microsoft OneNoteとは? 基本的な使い方と説明

今回は、MicrosoftのOneNote(ワンノート)というソフトの紹介です。皆さんはお使いになったことがあるでしょうか? Microsoft Officeファミリーの一つで、いわゆる情報を集めておくデジタルノートブックといったようなソフトウェアです。

Microsoft OneNoteとは?

情報の一元管理

本質的に情報の一元化をすることを目的になっているソフトウェアです。それ故にWindows版だけでなく、Mac版、iOS版、Android版などがあり、それぞれにMicrosoftのクラウドストレージサービスであるOneDrive(ワンドライブ)を介して、全てのOneNoteのデータが保存・同期されます。

01_onenoteとは

OneNoteを使っているときは、保存の操作をせずとも、情報がたまっていきます。クラウドストレージのOneDriveに自動的に保存されていくので、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットのOneNoteでもいつも同じ情報が見られます。

04_onenoteとは

紙のノートのように自由に書き込める

OneNoteは、紙のノートのように好きなところに、情報を入力できます。ページというノートがあり、そこの好きなところにメモが書き込めます。タイプによるテキストだけでなく、デジタルペンに対応しているタブレットなら、紙にペンで書くような使い方もできます。もちろん、画像やファイルの貼り付けから、簡単な図形や表も作れます。

02_onenoteとは

情報の共有も

また、ノート自体を複数の人と共有して、アイディアなどをリアルタイムに書き込み合う事もできます。

03_onenoteとは

まとめ

まだOneNoteを使ったことがなければ、まずはメモ帳代わりに使ってみてはいかがでしょうか? 使いながら、徐々にその良さに気がつくでしょう。ぜひ使ってみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square