iTunesでアルバムのアートワークを設定・削除する方法

iTunesに曲をインポートすると、自動でアートワークが設定されます。しかし、あまりメジャーではないアーティストだとアートワークが設定されなかったり、全く関係のないアーティストのアートワークが設定されてしまったりすることがあります。

好きなアーティストだからこそ、アートワークにもこだわりたいという方に向けて、今回は、iTunesでアルバムのアートワークを設定・削除する方法をご紹介します。

アートワークとは?

アートワークとは、iTunesにインポートしたアルバムに表示される画像のことです。音楽を入手するのにCDではなく、音楽配信サイトからダウンロードすることが一般的になるにつれ、CDジャケットのように画像ファイルである「アートワーク」が流通するようになってきました。

iTunesでアルバムのアートワークを設定する方法

アートワークを設定したいアルバムを選ぶ

アートワークを設定するには、まずiTunesを立ち上げ、アートワークを設定したいアルバムの上で右クリックし、「プロパティ」を表示します。Macの場合は「情報を見る」をクリックします。

1プロパティ

アートワークを追加する

プロパティを開いたら、上のメニューから「アートワーク」を選び、左下の「アートワークを追加」をクリックします。

2アートワークを追加

設定完了

「アートワークを追加」をクリックした後、画像選択の画面が現れるので、お好みの画像を選び「OK」をクリックしたらアルバムのアートワーク設定は完了です。

3完了

アートワークの削除

既に設定されているアートワークを削除したい場合は、同じく「プロパティ」→「アートワーク」(Macの場合は「情報を見る」→「アートワーク」)の順に開きます。そして、アートワークの上で右クリックすると「アートワークの削除」と表示されるので、それをクリックすればアートワークが削除されます。

4削除

まとめ

iTunesで設定したアルバムのアートワークは、iPhoneやiPodなどの端末と同期することで、各端末の画面でも表示されるのようになります。もし設定がまだの方は、こちらで紹介した方法でぜひ設定してみてください。音楽ライフをより充実させてみましょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)