OneNote onlineとOneNoteの違い

OneNoteには、ブラウザ版のOfficeの「Office Online」のひとつのOneNote Onlineがあります。

03_OneNote Online

02_OneNote Online

今回は、ブラウザ版のOneNote Onlineとデスクトップ アプリ版のOneNoteの主な違いを紹介します。

OneNote onlineとOneNoteの違い

扱えるファイル形式

OneNote Onlineでは、OneNote 2010以降の.oneファイルのみの対応となります。OneNote 2010より前のファイル形式(OneNote 2003や2007)のノートブックやPDFはサポートされていません。

表示・印刷機能

ズーム機能や印刷機能は、OneNote Onlineにはありません。ブラウザ自体の機能を使って下さい。音声・ビデオファイルは、ノートブックには保存されますが、OneNote Onlineでは再生されません。OneNote Onlineでは、検索は現在のセクションに限定されます。

編集機能

OneNote Onlineでは、テキストのコピーと貼り付けの際、外部からの貼り付けたテキストの書式(太字や斜体など)が失われます。そして、図形、数式などの挿入、編集もできません。ですが、OneNote 2010以降、OneNote Online、およびOneNote Mobileから複数の編集者が同時に作業することは可能です。リンクノートを作成する機能は、OneNote Onlineでは使えず、ファイルへのリンクが非表示になります。(ノートには保持されます。)

校正機能

OneNote Onlineでノートを既読・未読の設定をすることはできません。

まとめ

ブラウザ版であるOneNote Onlineは、デスクトップアプリ版のOneNoteに比べると機能が簡略化されています。自分専用のPCやスマートフォンでは、OneNoteのアプリ版を使って、共同使用のPCでは、ブラウザ版のOneNote Onlineを使用するなど、シーンに合わせて使い分けるといった方が良いでしょう。ぜひ参考にしてみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square