Googleマップを自転車のナビに使う方法

どこかへ行くときの事前検索や、お出かけ先でのスマートフォンでの地図の検索に便利な「Googleマップ」ですが自転車で出かけるときにナビとして利用することも可能です。しかし、Googleマップでの自転車ナビには少しコツがあります。今回はGoogleマップを自転車のナビとして使う方法についてご紹介します。

Googleマップを自転車のナビとして使おう

ナビの使い方

IMG_3068

まずは、出発地と目的地を設定しましょう。通常Googleマップを開くと現在地が表示されますが、もちろん出発地を別の場所から設定することも可能です。自転車でGoogleマップをナビとして使う場合は「歩行者ナビ」を使用します。上部に表示されるマークから「歩行者(人が歩いているマーク)」をタップしましょう。

IMG_3069

ルートがいくつか表示されますので、使用したいルートをタップして選択し、右下の青い「>>」マークをタップすることでナビが開始されます。

IMG_3070

歩行者ナビですので、駅など自転車では通常は入ることができない箇所も表示されることがあります。こういったところは臨機応変に別のルートに切り替えるなどすると良いでしょう。

自転車ナビは日本では使えない?

IMG_3071

実は、Googleマップには検索ボックスの左側にある「三(メニューマーク)」をタップすると「自転車」という表示をすることができます。本来であればこちらを使うことで自転車のナビを正確に表示することができるのですが、日本では未対応の機能です。

日本では、海外に比べて自転車専用道路がまだまだ整備が整っているとは言えません。そのため、自転車ナビを現実的に使えるのはまだ先の話となるでしょう。しかし海外ではすでに自転車ナビを提供している国もありますので、日本の自転車事情も進むことで今後利用できるようになっていくことでしょう。

Googleマップをナビとして使う上での注意事項

Googleマップをナビとして利用するのは、非常に便利でおすすめですが注意点がいくつかあります。

自転車を乗りながら操作をしない

当たり前ですが、自転車に乗りながらの操作は絶対にやめましょう。道路交通法違反になりますし、非常に危険です。操作をする場合は必ず自転車を止めて操作をしましょう。画面を見ながら自転車の運転も大変危険ですので、走行中は画面を見ることは避けましょう。

イヤホンは片耳で

自転車を走行中に両耳をイヤホンでふさぐことは禁止されています。Googleマップには音声ナビがありますが、もしもイヤホンで聞く場合は片耳のみにしましょう。

バッテリーに要注意

常に現在地を確認しながらになりますので、通常スマホを使うよりもかなり早くバッテリーが減っていきます。長時間のナビの場合はバッテリーをチェックしておきましょう。

まとめ

Googleマップを自転車のナビとして利用することは、非常に便利で使い勝手の良いナビになるのでおすすめです。しかし、上記に記載した通り走行中の操作は危険ですので、絶対にやめましょう。まず最初に設定して、大体の地図を把握しておくと良いでしょう。


イベント