Javaで文字列を比較する:equals()

java で文字列が等しいかどうかを調べるためには、String クラスの equals() メソッドを使用します。ここでは、equal() の使い方について説明します。

文字列を比較する:equal()

equals() の構文は以下の通りです。

文字列1.equals(文字列2)

equals() は文字列1と引数で指定した文字列2を比較し、等しければ true を返し、等しくなければ false を返します。

以下は equals() を使用したサンプルです。

String str1 = "abc";
String str2 = "abc";
if (str1.equals(str2)) {
  System.out.println("str1 と str2 は等しい");
} else {
  System.out.println("str1 と str2 は等しくない");
}

上のプログラムでは str1 と str2 の文字列は等しいので、equals() は true を返し、「str1 と str2 は等しい」と表示されます。

次は、比較する文字列が等しくないサンプルです。

String str2 = "abc";
String str2 = "efg";
if (str1.equals(str2)) {
  System.out.println("str1 と str2 は等しい");
} else {
  System.out.println("str1 と str2 は等しくない");
}

上のプログラムでは str1 と str2 の文字列は等しくないので、equals() は false を返し、「str1 と str2 は等しくない」と表示されます。


購読

平日・毎朝更新中